アドセンス広告
スポンサーリンク

相沢貴之の顔画像は?職員としての責任は?犯行動機やネットの反応を紹介

東京都の児童自立支援施設の職員が女性にわいせつな行為を行うという事件が起きました。

人を教育する立場にある職員の犯罪ということで、注目を浴びています。

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:NNN

スポンサーリンク




出典:NNN

東京都の児童自立支援施設の職員が路上で、女性にわいせつな行為をしたとして逮捕された。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、都立萩山実務学校職員の相沢貴之容疑者。警視庁によると相沢容疑者は先月、東京・足立区で帰宅途中の女性に後ろから近づき、手で口をふさいで胸を無理やり触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれている。

相沢容疑者の手が離れたすきに、女性が叫び声を上げると、相沢容疑者は走って逃げたという。

警視庁の調べに対し、相沢容疑者は「胸を触ったのは間違いない」と容疑を認めているという。

出典:NNN

女性に後ろから近づき、わいせつな行為をした模様です。

基本的には、罪を認めているようですね

口をふさいで押し倒した

相沢容疑者は無言で女性の後ろから近づき、口をふさいで押し倒した。女性が抵抗したため、走って逃げたという。2人に面識はなかった

出典:jiji.com

女性側からするとかなりの恐怖感があったことと思います。

現状、公表されている容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 相沢貴之
年齢 35歳
住所 東京都足立区谷中1
職業 東京都職員(都立萩山実務学校の自立支援課の課長代理)
 
現在 取り調べ中

今後の動向が気になりますね。

報道でも紹介されていますが、顔画像がこちらになります。

出典:NNN

逮捕は27日で、「欲求を抑えられなかった」と容疑を認めているという。

出典:毎日新聞

取り調べでは「欲求を抑えられなかった」という動機ですね。

わかりやすい動機ですが・・犯罪は犯罪ですね。。

また、当時は飲酒をしていたことも明らかになりました。

アルコールで起きる事件も最近多いですし、控えめに飲むのが一番ですね。

都福祉保健局によると、萩山実務学校は暴力などの非行をしたり、家族から虐待を受けたりした中学生が通う児童自立支援施設。相沢容疑者は同校自立支援課の課長代理を務めていた。

出典:毎日新聞

報道にもありますが、「児童自立支援施設」は、犯罪を犯した未成年が「再犯の可能性がある」と判断された場合、教育も含めて送られる施設です。

つまり、「犯罪の再犯を抑止する教育者でもある」のが相沢容疑者です。

その教育環境に勤める教育者には、それなりの人間性と責任が求められます。

児童自立支援施設での教育者の暴力も過去に問題になっていましたが、改めて職場環境や、職員に対するカリキュラムの改善などを考える機会でもあるかもしれませんね。

スポンサーリンク




事件現場は京都足立区谷中なります。

詳細は発表されていませんが、赤枠内の近辺である可能性が高いと推察されます。

非行少年の自立の職員ですって? 笑わせてくれますね。
みんなこの程度の職員ばかりなんだろうね。

児童の支援よりまず自分が自立しろよ

酒に飲まれた愚か者(-_-)

飲酒運転だけじゃなく、飲酒歩行も規制しないとダメな時代か?

出典:yahoo!ニュース

児童自立支援施設の職員であること、また、飲酒による犯行であることに強い非難の声が挙がっています。

スポンサーリンク




いかがでしたか?

今回の事件は「児童自立支援施設の職員」という犯罪を抑止するはずのひとが起こした犯罪でした。

職員という立場や、飲酒などにも十分注意する必要がありますね。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする