アドセンス広告
スポンサーリンク

セベリン・クラシミロフの顔画像!ビクトリア・マリノワ殺人事件の犯人逮捕!その動機は?

ブルガリア北部の都市・ルセの公園で、ジャーナリストのビクトリア・マリノワさんの遺体が見つかった事件ですが、犯人が逮捕されたようです。

逮捕されたセベリン・クラシミロフ容疑者は、ドイツに逃亡していたとのことです。

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:NNN

スポンサーリンク

ブルガリアで6日、汚職疑惑などを追及していたジャーナリストの女性が性的暴行を受け死亡しているのが見つかった事件で、ブルガリア人の男が逃走先のドイツで逮捕された。

この事件は6日、ブルガリア北部の都市・ルセの公園で、ブルガリアのジャーナリスト、ビクトリア・マリノワさんの遺体が見つかったもので、警察が殺人事件と断定し捜査していた。

現地メディアなどによると、ブルガリア当局から殺人と性的暴行の疑いで指名手配されていたブルガリア人のセベリン・クラシミロフ容疑者が9日、逃走先のドイツで逮捕されたという。

クラシミロフ容疑者は事件現場の近くに住んでいて、ジョギング中のマリノワさんを襲ったとみられ、現場から検出されたDNAが一致したという。

マリノワさんは、政治家などが絡む汚職疑惑について報道していたが、ブルガリア当局は「現時点ではマリノワさんの取材活動と事件との関係があるとは考えていない」としている。

出典:NNN

事件の流れ

ブルガリア北部の都市・ルセの公園でジョギング中のビクトリア・マリノワさんが暴行を受けた上、頭を殴られ殺害される。

②その後、ビクトリア・マリノワさんの遺体が見つかる(10月6日

③当初から、警察がセベリン・クラシミロフ容疑者を指名手配を開始

④ブルガリア警察から要請を受けたドイツ警察が、セベリン・クラシミロフ容疑者を逮捕した。10月9日

ジャーナリストの殺害事件ということで、話題になっていたビクトリア・マリノワさんの殺害事件です。

事件の発覚から3日後にセベリン・クラシミロフ容疑者を確保しました。

ジョギング中に襲ったということは、行動ルートなどを知っていたということでしょうか?

まだ、事件に関して明らかになっていない部分が多いです。

新しい情報が報道されましたら追記させていただきます。

出典:JNN

現状、公表されているセベリン・クラシミロフ容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 セベリン・クラシミロフ
年齢 21歳
住所 ブルガリア ルセ
職業 不明
現在 ドイツ警察に逮捕される

容疑者の犯行動機に関しては、現在取り調べ中のため、詳細はわかりません。

事件当初は、ビクトリア・マリノワさんが司会を務める番組で、政治家などが絡むEU(=ヨーロッパ連合)の補助金を巡る汚職疑惑について報道したことが原因ではないか?

といった見方が強まっていましたが、

ルガリア政府はその報道と事件の関連を否定しています。

計画性もなかったことから、突発的な犯行との判断になっているということですね。

今後の捜査で動機に関しては明らかになると思います。

情報が公開され次第、追記させていただきます。

セベリン・クラシミロフ容疑者の逮捕のきっかけは

現場から検出されたDNAが一致した

ことでした。

この証拠から、ブルガリア警察に指名手配され、ドイツでの逮捕に至ったわけですね。

逮捕された場所は、ドイツ北部のシュターデということです。

移動手段はわかりませんが、殺害現場のルセからは大分離れているようですね。

スポンサーリンク

出典:NNN

現状、公表されている被害者のプロフィールを紹介します。

名前 ビクトリア・マリノワ
年齢 30歳
職業 ブルガリアで活動する地元のジャーナリスト
現在 死亡が確認されている

セベリン・クラシミロフ容疑者の事件現場は

ブルガリア北部の都市・ルセの公園

になります。

こちらがマップになります。

報道が原因であれどうであれ性的暴行を与えての殺しには虫唾が走るし怒りを感じる

読んでいて辛くなる。
犯人には怒りを感じる。
娘がこんな目にあったら冷静ではいられない!
多分気が狂うな…。

yahoo!コメント

やはり、犯行手口による怒りの声が大多数を占めていました。

性的テロだよな。
これで彼女に同調していたジャーナリストは男女に関わらず家族の事を考えて怯む人もいるだろうし。
民族浄化の手段として使われるって知った時も衝撃だったけど、テロとして…絶望しかない。

yahoo!コメント

他の同じ思想のジャーナリストがかわいそうだ・・といったコメントも

スポンサーリンク

悲しい事件でしたが、セベリン・クラシミロフ容疑者が逮捕されて何よりです。

詳しい動機などはまだわかっていませんが、情報の開示がありましたら、追記させていただきます。

最後に、亡くなられたビクトリア・マリノワさんに心からご冥福をお祈りいたします。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする