アドセンス広告
スポンサーリンク

土地岳彦の顔画像は?クリニックの院長が薬物使用の疑いで逮捕!勤め先や事件概要を紹介

クリニックの院長が麻薬使用の疑いがあるとして、逮捕されました。

逮捕された土地岳彦容疑者は、「使用した覚えはない」と容疑を否認しています。

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:ANN

スポンサーリンク

出典:ANN

埼玉県富士見市のクリニックの院長が合成麻薬「MDMA」を使用した疑いで逮捕されました。

 富士見市にある「ゆうあいクリニック」の院長・土地岳彦容疑者(42)は16日、東京・新宿区の路上で警察官から職務質問を受けました。その後の尿検査で合成麻薬「MDMA」の成分が検出されたため、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されました。職務質問の直前には、警察官を見て目をそらしたり応答も不自然だったりしたということです。取り調べに対し、「麻薬などを使用した覚えはありません」と容疑を否認しています。

出典:ANN

クリニックの院長が薬物を使用しているという驚きのニュースです。

土地容疑者は、犯行を否定していますが、警察側は情報をそろえた上で確認していると思います。

また、質問に対する応答が不自然なのも、こういった犯罪を行っている人に良く見られるケースですね。

こういった人は、常日頃から使用していた可能性があります。

いつから薬物を使用していたかは、はっきりとしていませんが、

このような状態で患者のカルテを見て、正確に判断できていたかが疑問ですね。

もし土地容疑者の診察を受けた人がおられましたら、一度検査結果を疑った方がいいかもしれませんね。

現状、公表されている容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 土地岳彦
年齢 42歳
職業 ゆうあいクリニック 院長
現在 逮捕

「麻薬を使用した覚えはない」と容疑を否認している。

出典:ANN

土地容疑者の顔画像は、インターネット上の画像が公開されました。

また、土地容疑者のfacebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

土地容疑者の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 土地岳彦 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 土地岳彦 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、土地容疑者と特定できるものは見つかりませんでした。

情報公開があり次第、追記させていただきます。

土地容疑者が院長を務める、「ゆうあいクリニック」は

がん・脳疾患・生活習慣病などを中心に早期発見をおこなうためのクリニックのようです。

毎年約15000件の検査実績を持っており、信頼性が高いことが予想されますね。

ゆうあいクリニックの場所、お問い合わせなどの情報をまとめました。

名称 医療法人社団ゆうあい会 ゆうあいクリニック
住所 神奈川県横浜市港北区北新横浜1-6-2
住所
お問い合わせ 045-540-8211(代表)
サイトHP サイトリンク

ストリートビューで見る外観です。

スポンサーリンク

土地容疑者は、まだ容疑を否認していますが動機に対しては、詳細はわかりせんが、

考えられるとしたら

院長のストレスやプレッシャー

でしょうか。

検査実績を見ても、経営は悪くないようですし、

仕事の疲労や、プライベートなどの問題からかもしれませんね。

土地容疑者の逮捕のきっかけとしては、

尿検査で反応が出た

でした。

基本的にこの検査で反応が出た以上、ほぼ薬物を使用していたことは確定ではないでしょうか。

土地容疑者本人は、犯行を否定しているため、まだ真相はわかりませんが・・

どうして犯罪だとわかっている薬物に染まってしまう人がいるのでしょうか?

その原因として挙げられるのが、

・人間関係の問題

・うつ

・生きがいの欠如

・退屈

などが代表的に挙げられます。

こういった状況を解決するために、薬物を使うと、とたんに根拠もなく自信がわいてきて、人柄も明るくなり、人当たりもよくなります。

一度使用した人はこの状態が正しいと思いこみ、どんどんのめり込んでしまい、最終的には依存症になってしまうとのことです。

過去、薬物を使用していたマイケルジャクソンなどは夢の世界でした。

「どんなプレッシャーからも逃れることができました。怖いと思ったことは一度ない。何もかもが最高に思えました」

と言っていたそうです。

しかし、薬物の使用は犯罪であり、

3年以下の懲役、または300万円以下の罰金

と非常に重い刑罰を受けることになります。

もちろん、社会的にも以前のように生きて行けず、

依存症になることが多いので、リハビリも大変過酷だそうです。

最初に使用するかしないかで人生を左右するといっても過言ではありませんね。

絶対に使用してはいけません。

あらかじめおまわりは盗聴もして尾行してたな 使ってる確証を持って捕まえた だろ?

yahoo!コメント

コメントに書かれている通り、基本的に警察がこういった操作を行った以上、ある程度の確信と、情報があってのことだと思います。

やはり法に触れる様な後ろめたい事をしている人間は警察官に遭遇すると、自然な振る舞いをしているつもりでも不自然な行動をしてしまうのかな?それをとっさに見抜く警察官は凄い。

yahoo!コメント

怪しい人を見れば、だいたい警察はわかる。といったコメントです。

今回、土地容疑者は職質を受けた際の不審な行動も警察の確信を強めました。

悪いことをしてはいけませんね。。

スポンサーリンク

いかがでしたか?

クリニックの院長である土地容疑者が薬物を使用したのではないか?という事件でした。

日頃ストレスがたまってもこういったことに逃げてはいけませんね。

社会性を失う結果になりますので・・

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする