アドセンス広告
スポンサーリンク

後藤拓野、湾岸最高速につき。大暴走の刑罰は?SNS・現場・ネットの反応など

衝撃の事件が起きました。

首都高速湾岸線を110kmオーバーで暴走した男が逮捕されました。

逮捕された後藤拓野容疑者は、当時走行の様子を動画で撮影していたとのことです。

最初に、事件概要をみてみましょう。

スポンサーリンク

横浜市内の高速道路を時速190キロで走行したとして、神奈川県警高速道路交通警察隊は23日、道交法違反(速度超過)容疑で会社員後藤拓野容疑者(23)=さいたま市見沼区春野=を逮捕した。

 同隊によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は1月1日午前2時40分ごろ、横浜市鶴見区の首都高速湾岸線で、東京都内でカーシェアリングした外国製乗用車を時速190キロで運転した疑い。法定速度は同80キロだった。

出典:jiji.com

法廷速度80キロ規制を190キロで暴走。

あまつさえその様子を動画で撮影するという暴虐ぶりです。

被害者が出なかったのが本当に幸いでした。

少しでも接触などが起きれば、瞬く間に被害事故が拡大していたと思います。

また、逮捕に至るまでの流れが非常に間の抜けたものでした。

 同隊によると、後藤容疑者は速度メーターなど運転中の様子をタブレット端末で撮影しており、「湾岸最高速の動画をタブレット片手に撮る」「県警おくっちゃだめだよ」などという文面とともに、LINE(ライン)で動画送信していた。

出典:jiji.com

この事件は今年の元旦に起きたものです。

当時、後藤容疑者は自分の撮影した動画をラインで拡散したようですね。

報道で紹介されているように、速度メータなどを動画で撮影したようです。

後藤容疑者
県警送っちゃだめだよ

などといった文面を添えて拡散したようですが、見事に警察に通報した方がおられたようですね。

速度を出すこと、動画を拡散することに何の目的があるのかはわかりませんが、しっかりと罪を償い、反省してもらいたいですね。

では、後藤容疑者はどのような刑罰になるのでしょうか?

基本的に、速度違反の罰金上限は10万円です。

ですが、速度が70キロオーバー以上の速度違反は危険行為と判断され正式裁判になります。

正式裁判の場合、弁護士をたてて裁判を行うためそれに伴う費用が発生します。

それだけでなく、判決では最低でも罰金数十万円もしくは執行猶予つきの懲役刑になることもあるそうです。

速度を出したこと・動画を拡散したことで大きな代償を支払うことになります。

絶対にマネをしてはいけませんね。

現状、公表されている後藤容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 後藤拓野
年齢 23歳
住所 さいたま市見沼区春野
職業 会社員
現在 逮捕

罪を認めているとのこと

後藤拓野容疑者の顔画像は、現状公表されていません。

また、後藤拓野のfacebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

後藤拓野の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 後藤拓野 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 後藤拓野 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、後藤拓野と特定できるものは見つかりませんでした。

スポンサーリンク

後藤容疑者の事件現場は

横浜市鶴見区の首都高速湾岸線

になります。

ストリートビューで道路を確認すると、このような直線が続きます。

速度が出やすい道ですが、法的速度は80キロ区間です。

事故が起きれば加害者・被害者とも命が助からないのではないでしょうか。

こちらがマップになります。

大惨事を未然に防げた可能性が高いですね!
あり得ない走行です、免許取り消しは勿論
取り消し後、執行期間2年で再取得も不可能にして欲しい気持ちです。

死ぬまえに捕まってよかったって思いなはれ

もう、自業自得というか、アホや…
それにしても見つからなきゃ事故しなきゃ何やってもいいって考えてる人多すぎません?

はぁ?
自分の車じゃないの?
そこまで見栄をはるか。本当にバカだね。

速度超過にも程があり、しかも、湾岸最高速などと言って動画送信まですることを思うとバカとしか言いようがないのは無論、今後の取り調べの中で反省の色が見られなかったり、罪や違反に対する意識があまりに感じられなければ、傍から見てもやり過ぎ、重すぎと思える厳しい厳罰を与え、2度と娑婆に出られないようにしてしまえと言いたい。

出典:yahoo!コメント

スポンサーリンク

スピード超過は間違いなく事故のリスクを大きくします。

速度が上がるにつれ、反応が遅れてしまいますからね。

ひき逃げ事件など、交通事故が大きな問題になっている中で、このような運転をする方にはしっかりとした刑罰が必要だと思います。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする