アドセンス広告
スポンサーリンク

後藤博之の顔画像は?タイで窃盗犯逮捕!事件概要やネットの反応など紹介

日本の他県に渡って、金庫破りや空き巣を繰り返し、国際指名手配になっていた後藤博之容疑者がタイで逮捕されました。

最初に、事件概要をみてみましょう。


 出典:TBS


スポンサーリンク




出典:TBS

 金庫破りや空き巣を繰り返し国際手配されていた男が、タイで身柄を拘束されました。男が関与した事件の被害総額は、5000万円以上にのぼるとみられます。

 入国管理法違反の疑いでタイの警察に身柄を拘束されたのは、本籍が沖縄県の自称投資家・後藤博之容疑者(40)です。タイの警察によりますと、後藤容疑者は2016年11月、熊本県内の住宅から高級ブランド品のバッグを盗んだ疑いなどで、福岡県警がICPO国際刑事警察機構を通じて国際手配していました。後藤容疑者は去年6月、福岡市の住宅から現金や貴金属など、およそ1800万円相当を盗んだ罪などで起訴されている男らと同じ窃盗グループで、複数の県をまたいで金庫破りや空き巣を繰り返していたとみられています。タイ警察によりますと、後藤容疑者が関与した事件の被害総額は少なくとも5000万円にのぼるとみられるということです。

 後藤容疑者は今月中旬、日本に送還される見通しです。

出典:TBS

投資家なのかはわかりませんが・・

後藤容疑者は他県に渡り窃盗・空き巣を行い、その後タイに移住していました。
窃盗した金品を売りさばいて、タイで生活しようと考えたのでしょうか・・
窃盗した額は推定5000万円以上と言われています。
その後、国際指名手配をされることになり、タイ警察に逮捕されることになったわけですね。

現状、公表されている容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 後藤博之
年齢 40歳
出身 沖縄県
容疑 窃盗グループで金庫破りや空き巣を繰り返す
現在 取り調べ中

今後の動向が気になりますね。

出典:TBS

後藤容疑者の顔画像は、報道ではここまでのレベルで公開されています。

facebookも検索しましたが、本人の特定には至っておりません。

検索結果はこちらになります。⇒検索結果


スポンサーリンク




今回の事件に限らず、架空請求業者や暴力団、はてはテロリストまで、いろいろな国の犯罪者がタイに潜伏していると言われている。

理由はもちろん警察から逃れるため

ただ、海外に逃亡するには逃亡先で安全に生活するためのコネや資金が必要になります。

今回の窃盗したお金はそういったことに使用されたのかもしれませんね。

もしかしたらそういったこともあって、ICPOはタイを始め、犯罪者が潜伏しやすい場所の警備を強化しているのかもしれませんね。

また、フィリピンなども潜伏先として有名らしいです。

なんかねえータイはいい国だけど 犯罪者の逃亡先に選ばれてるね! 北朝鮮 イラン シリアなどお勧めです。

このような人間は官僚や警察官や医者になろうが性根が腐ってるので必ず犯罪に手を染める。懲役20年くらいブチ込まないと必ず再犯もする!

どうせ出所しても同じ事をするでしょうから、さっさと処分すべきだと思う。

日本の恥やね

yahoo!コメント

タイが逃亡先に選ばれることが多くないか?などといった意見や

再犯の可能性があるので刑を重くしてほしい

などといったコメントが目立ちました。


スポンサーリンク




国外逃亡しても、国際指名手配されると逮捕されてしまいますね。

こういたケースに対する抑止力としてICPOが存在するわけです。

そもそも、こういった事件を起こさないことが一番ですね。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする