アドセンス広告
スポンサーリンク

福井進吾の顔画像は?訴訟詐欺で逮捕!偽法務省からのはがき・・事件概要やネットの反応など

東京都内の70代の女性から現金300万円をだまし取ろうとしたとして、詐欺罪の疑いで福井進吾容疑者が逮捕されました。

福井容疑者の詐欺の手口は、法務省の職員になりすまし、訴訟問題でお金を巻き上げようといったものでした。

最初に、事件概要をみてみましょう。

スポンサーリンク




出典:ホウドウキョク

法務省の職員をかたり、東京都内の70代の女性から現金をだまし取ろうとした疑い。

無職の福井進吾容疑者(45)は9月、東京・足立区に住む70代の女性宅に、法務省の職員をかたり、「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と印刷されたはがきを送り、裁判の和解金に300万円が必要と電話をかけ、現金をだまし取ろうとした疑いが持たれている。

女性は、現金を宅配便で送ったあと、警察に110番通報し、事件が発覚した。

福井容疑者は、「配達物を受け取ったことは認めるが、中身が現金との認識はなかった」と話している。

出典:ホウドウキョク

法務省と偽り、訴訟の和解金で300万円必要だとだまし、詐欺行為を行った事件です。

犯行の手口としては最初に

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」

と記したはがきを送ります。

文面を見ると、

「電話をかけないと、財産を差し押さえる」

などと、記されており、詐欺だと気づかなかった場合は、電話をかけてしまいます。

福井容疑者?
はがきを確認されましたか?私は法務省の職員で、現在〇〇さんは裁判を起こされています。
被害者女性
え!?身に覚えがありませんが・・ど、どうすればいいんですか?

福井容疑者?
裁判の和解金として300万円必要になります。

被害者女性
さ、300万円もですか!?

福井容疑者?
早急に宅配便で現金を送ってもらえますか?

被害者女性
わ、わかりました。(怪しいけど、法務省の職員と名乗っているし仕方ない・・)

といった流れで最終的には宅配便で現金を送らせようとしたと考えられます。

今回、被害者の女性は、この手口が怪しいことに気づき、警察に連絡をしたことで犯人逮捕に繋がりましたが、通報をせずにそのまま詐欺被害にあった方もおられるのではないでしょうか・・

詐欺事件は多く発生していますが、これは宅配便で現金を送るように指示するケースの詐欺です。基本的にですが、

宅配便で現金を送れ。は100%詐欺です。

振り込め詐欺などが世の中で当たり前になりつつある中、宅配便で現金を送れと言われると考えてしまう方もおられると思いますが、ほぼ詐欺と考えて間違いありません。

もし、今後そういったケースに遭遇した場合は、迷わず詐欺と判断して下さい。

現状、公表されている容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 福井進吾
年齢 45歳
住所 埼玉県越谷市
 
職業 無職
現在 逮捕後、取り調べ中

「配達物を受け取ったことは認めるが、中身が現金との認識はなかった」と主張している

出典:ホウドウキョク

福井容疑者の顔画像は、報道では上記のレベルで公表されています。

facebookを検索しましたが、こちらは本人の特定には至っておりません。

検索結果はこちらになります。⇒ 検索結果

福井容疑者の供述の中に

「配達物(現金)を受け取ったことは認めるが、中身が現金との認識はない」

との発言があったことから、もしかしたら福井容疑者は詐欺グループの「受け子」の可能性もあります。

通常詐欺グループは、

「掛け子」・・電話をかける人

「受け子」・・ターゲットから直接現金をもらう人

・「出し子」・・犯罪に利用された口座から現金を引き出す人

の3役から構成されており、その内の「受け子」や「出し子」は高額なアルバイトを雇う可能性があることは有名です。学生などがお金欲しさに、このようなアルバイトを引き受け、自分の知らないうちに自分が犯罪者になってしまっている・・といった事例が多く存在しますね。

福井容疑者の「現金の認識がない」ことから、実は電話をかけておらず、詐欺グループに自分の住所だけを教え、宅配便で現金を受け取る受け子であったことも考えられるわけですね。

もしかしたら、発言自体が受け子と思ってもらうためウソかもしれませんが・・

今後の取り調べに注目ですね。

法務省を語る詐欺は、実はかなり多く、現状でも被害総額は1億円を超えるというとてつもない数字になっています。

それだけ多くの人が詐欺被害にあっているということですね。

手口としては、今回のように「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」といったはがきが

法務省管轄支局 民間訴訟告知センターなるものから届き、

裁判の被告になった。連絡がなければ財産を差し押さえる

などといって強制的に電話を掛けさせる手口もあるそうです。
下記に、いくつかの詐欺に対する注意事項をまとめました。参照ください。
自分からは電話をかけない!
自分から電話をかけると、思わぬところから個人情報が引き抜かれる可能性があります。
業者からコンビニでの支払いを指示されたら要注意
オレオレ詐欺と同じで、当然振込を支持してた場合は要注意です
インターネット専用ポイントでの悪用に要注意
アマゾンポイントなど、インターネット専用のポイントは、匿名性が高いため、悪用された場合は、被害回復が困難となります。
スポンサーリンク




金ないカスには罰金刑が1番効く!!
嘘をつきせびった金額の罰金刑にしませんか?笑

出典:yahoo!コメント

目には目を、といった意見ですね。

詐欺を行う犯罪者は、再犯を行う可能性が高いと言われているので、刑罰を厳しくしてほしいといったコメントが多く見られました。

同じ様なハガキがうちにも4月と7月に2度届きました。
法務省を名乗り「訴訟最終告知のお知らせ」という内容で、このままでは裁判になるという悪質なものでした。
最初受け取った時は、えっ!?と焦りましたが…全く身に覚えのない事だったので無視しました。やっと捕まったようで、よかったです。

出典:yahoo!コメント

同じように「訴訟最終告知のお知らせ」のはがきが届いている人がおられたようです。

いろいろな人に送っていると思われるので、気をつけたいですね。

スポンサーリンク




いかがでしたか?

いろいろなパターンの詐欺があり、年間億を超える金額がだまし取られています。

「自分は大丈夫」と思っている人ほど、いざ電話がかかってくるとだまされてしまうということが多いので、用心深く、怪しい電話などは慎重に対応するようにしましょう。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする