アドセンス広告
スポンサーリンク

石鍋英彦の顔画像は?おはやし講師が!10代少女を脅迫してわいせつ行為!生花店はどこ?

おはやし教室の講師が生徒を脅してわいせつ行為をしていたとして、逮捕されました。

逮捕された石鍋英彦容疑者は「合意の上だった」と供述しているようです。

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:JNN

スポンサーリンク

出典:JNN

 祭りで披露する太鼓や笛などを教えるおはやし教室の講師の男が、教室に通っていた10代の少女にみだらな行為をしたとして、警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、生花店経営の石鍋英彦容疑者(42)で、今年1月から2月にかけて、10代の少女が18歳未満であることを知りながらおよそ10回にわたって、東京・足立区の自宅に連れ込み、みだらな行為をした疑いが持たれています。

 石鍋容疑者は祭りで披露する太鼓や笛を教えるおはやし教室の講師で、教室に通っていた少女に「拒否したら笛を教えない」などと脅して、自宅に連れ込んだということです。

 取り調べに対し、石鍋容疑者は「同意の上だった」と供述しているということです。

出典:JNN

おはやし教室の講師が生徒にわいせつ行為を行った事件です。

石鍋容疑者は「合意の上」だったと供述しているようですが、

「拒否したら笛を教えない」といって脅していることから、とても合意の上とは思えません。

また、18歳未満であるなら、そもそも合意の上でも犯罪になるのではないでしょうか。

責任能力のある大人と責任能力のない子供でのわいせつ行為は、例え合意であったとしても、責任能力のある大人が圧倒的な加害者になります。

そういった事件は過去何度もありました。

合意の可能性は低いですが・・

石鍋容疑者に対する、今後の取り調べで、どういったいきさつでこんなことになってしまったのかがわかると思います。

追加情報があれば追記させていただきます。

現状、公表されている石鍋容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 石鍋英彦
年齢 42歳
住所 東京都足立区
職業 おはやし教室の講師
現在 逮捕

取り調べ中

出典:JNN

石鍋容疑者の顔画像は、報道で上記のレベルで紹介されました。

また、石鍋容疑者facebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

石鍋容疑者の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 石鍋英彦 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 石鍋英彦 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、石鍋容疑者と特定できるものは見つかりませんでした。

情報公開があり次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク

石鍋容疑者は生花店を経営しているとのことですが、どこにあるのでしょうか?

調査してみたところ、

足立区に「石鍋生花店」というお店がありました。

石鍋容疑者の経営するお店かはわかりませんが、気になる方はチェックしてみてください。

出典:JNN

今回の事件現場は

石鍋容疑者の自宅

だそうでです。

報道で画像が出ていますが、場所の特定には至っていません。

報道され次第、追記させていただきます。

おはやしとは日本音楽のひとつです。

笛,小鼓,大鼓、太鼓の4つの和楽器を使って音楽を演奏するとのことです。

おはやしの教室は子供のころから習っている生徒も多いらしく、

「拒否したら教えない」という脅しは、普通に一般的な感覚よりも重くとらえられるのかもしれません。

このような伝統芸能を教える講師が、わいせつ行為を強要するとは悲しいですね・・

こんなところにも性犯罪者が紛れ込んでるなんて、恐ろし過ぎます。

出典:yahoo!コメント

まさかおはやし教室の講師が性犯罪者になるとは・・といったコメントです。

こういう善意でやっているような教室や、宗教の教会まで、ワイセツ目的でやっている男は沢山いるぞ!
特に、日本人のようで日本人で無い人の場合は危ないよ!

出典:yahoo!コメント

わいせつ目的で講師をやる人もいる。

といった意見です。怖いですね・・

断ったら笛は教えないと脅してるのに合意があったってバカじゃないの?

出典:yahoo!コメント

脅していておいて石鍋容疑者の「合意の上」というのはおかしいのでは?といったコメントです。

その通りだと思います。

スポンサーリンク

いかがでしたか?

わいせつ行為を行う人には、いろいろな立場の人間が今まで報道されてきていますが、石鍋容疑者のように、講師が罪を犯すこともあるんですね・・

おかしな言動・行動があったら、疑うことを忘れてはいけないと思います。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする