アドセンス広告
スポンサーリンク

伊藤欣也は居眠り運転か?顔画像は?八千代市勝田台ひき逃げ犯逮捕!

先日千葉県八千代市勝田台でひき逃げ事件がありましたが、その犯人が捕まりました。

逮捕された伊藤欣也容疑者は、事故を起こしたことは認めていますが、逃げたことに対しては否認しているとのことです。

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:ANN

スポンサーリンク


千葉県八千代市の路上で新聞配達をしていた原付きバイクの41歳の男性を車ではねて死亡させたとして、20歳の男が逮捕されました。

伊藤欣也容疑者は21日午前1時40分ごろ、八千代市勝田台北の路上で、原付きバイクで新聞配達をしていた辻閑さんを車ではねてそのまま逃げた疑いが持たれています。辻さんは病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。警察によりますと、22日朝、市内に住む人から「左前の部分が壊れた車が路上に止まっている」と警察に通報があり、車を調べたところ、現場に落ちていた部品と一致したということです。伊藤容疑者は「何かに当たったのは間違いない」と供述しています。
出典:ANN

先日発生した、八千代市勝田台ひき逃げ犯が逮捕されました。

車の破損部分から特定に至ったようです。

逮捕された伊藤容疑者は、

伊藤容疑者
 事故を起こしたが、人をはねたか分からない

と供述しているとのことです。

警察としては、ひき逃げをしたという認識があったかを調査している段階ですね。

事故当時の報道に関しては↓↓をご覧ください

八千代市勝田台北でひき逃げ!辻閑さんが死亡!現場は?犯人は?

現状、公表されている伊藤容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 伊藤欣也
年齢 20歳
住所 不明
職業 自称・建設作業員
現在 逮捕

取り調べ中

伊藤欣也容疑者の顔画像は、現状公表されていません。

また、伊藤欣也のfacebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

伊藤欣也の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 伊藤欣也 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行なった結果、本人と思われるアカウントのツイートがありましたが、特定に至っていないためこちらでの公表は控えさせていただきます。

気になる方は↓から検索下さい。

⇒ 伊藤欣也 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、伊藤欣也と特定できるものは見つかりませんでした。

伊藤容疑者は当時居眠り運転をしていた可能性がありますね。

事件発生時刻が午前1時40と深夜であること
人をはねたかわからないと供述していること

このことから、意識があまりない状態で運転をしていたのではないでしょうか?

もしそうであれば、人をはねたことにも気づかないことも考えられます。

仮に伊藤容疑者が、居眠り運転で事故を起こしていたとするとその刑罰は重いです。

この場合は、自己管理不足による睡眠不足であると判断された場合、「過労運転」と判断され飲酒運転や麻薬運転と同等の処罰が下ります

(そもそも飲酒運転の可能性もありますが・・)

ひき逃げ自体の罪も重なり、処罰は相当なものになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

出典:ANN

伊藤容疑者の事故現場は

八千代市勝田台北の路上

と報道されています。

詳しい位置に関しては、報道の写真をもとに調査したところ

ガスト八千代村上店付近

ではないかと考えられます。

こちらがマップになります。

現状、公表されている被害者のプロフィールを紹介します。

名前 辻閑さん
年齢 41歳
職業 新聞配達員
現在 死亡が確認されている

最低でも20年以上の実刑と永久免許停止。
これくらいしないとひき逃げや飲酒運転は無くならないし、被害者も遺族も浮かばれない。

ひき逃げはまず間違いなく捕まる。学習能力のないヤツが逃げる。

飲酒運転死亡事件、ひき逃げ運転死亡事件の罰則をもっと
厳しくしないと事故件数は減らない

最低でも無期懲役でいいよ

またまた建設作業員。
この種の人間をいちいち刑務所に入れていたら、建物が出来ない。
建設現場を高い塀で囲って、そこから外に出さないようにすればいい。
つまり刑務所兼建設現場。

またこいつも否認している。
反省もないし逃げているんだから殺人未遂じゃないの?

ドライバーに言いたくなるが
いつもいつも、人をはねたかどうかわからないなどと
嘘をつくのはやめろよ。卑劣かつみっともないだけだ。

出典:yahoo!コメント

スポンサーリンク

いかがでしたか?

犯人が無事確保されてひとまずはよかったと思います。

ひき逃げ事件が後を絶つ様子が一向に見られませんが、高確率で犯人は逮捕されます。

伊藤容疑者が気づいていたかはまだわかりませんが、事故を起こした場合は、逃げるのではなく、被害者に対する対応に全力を注ぐべきですね。

もしかしたら救えたかもしれない命です。

それを逃げることによって救える機会を放棄している可能性もあります。

刑罰ももちろん重くなります。

万が一事故を起こした場合、すぐに対応できるよう心掛けたいですね。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする