アドセンス広告
スポンサーリンク

門倉広樹の顔画像は?事故現場を特定!ネットの反応など紹介

横浜市西区北軽井沢で、小学5年生の渡辺ゆり愛さんが車にはねられ死亡しました。

警察は、車を運転していた門倉広樹容疑者を過失運転傷害の疑いで逮捕しました。

最初に、事件概要をみてみましょう。

 出典:ANN

スポンサーリンク




出典:ANN

 横浜市で小学5年生の女の子が降りたバスの後ろ側の道路を横断しようとしたところ、対向車線を走ってきたワンボックス車にはねられ、死亡しました。

 警察によりますと、30日午後4時20分ごろ、横浜市西区北軽井沢の信号のない交差点付近で小学5年生の渡辺ゆり愛さん(10)がワンボックス車にはねられ、搬送先の病院で死亡しました。警察によりますと、ゆり愛さんは家に帰る途中で、乗ってきたバスの後ろ側を通って道路を横断しようとしたところ、対向車線を走るワンボックス車にはねられたということです。警察は、ワンボックス車を運転していた門倉広樹容疑者(35)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。「急に目の前に出てきたので間に合わなかった」と話しているということです。

出典:ANN

バスの後ろ側から対向車線に出てくるケースの事故ですね。

自動車学校のシミュレーションなどで必ず出てきていたと思います。

この場合は、なるべく車側は徐行運転を心掛けるべきですね。また、午後4時半ころであれば、小学生の帰宅途中であることに危機感を持つ必要もあります。

環境面でいうと、バスが停車して小学生が通ることがわかっている交差点であれば、信号がついていてほしい箇所でもありますね。

現状、公表されている容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 門倉広樹
年齢 35歳
職業 電気整備士
現在 取り調べ中

今後の動向が気になりますね。

電気整備士なので、ワンボックスカーは仕事用だと考えられます。

門倉広樹の顔画像は、現状公表されていません。

facebookも検索しましたが、本人の特定には至っておりません。

公表され次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク




報道の写真から検索すると、事件現場は「神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢南町1」と推察されますね。

出典:ANN

報道の写真と検索結果が一致するので、ほぼ間違いないと思われます。

見通しはそれほど悪くないですね。

あの人は飛び出してこない「だろう」と、自分にとって都合よく運転することを「だろう運転」といいます。交通事故の大きな要因の一つですね。

車は「走る凶器」とも言われ、ドライバーの油断ひとつ・よそ見ひとつで人の命を軽々を奪ってしまいます。また、事故起こしてしまったドライバー本人も、罪の意識から一生苦しむことになります。

車の運転をする際には、常に集中して、もしかしてあの人は飛び出してくるかもしれない、誰かがあそこにいるかもしれないと考える「もしかして運転」を心掛けましょう。

時間に余裕を持つことが大切ですね。

バスの後ろを走っていた車がドライブレコーダーで撮影した動画だと思われます。

バスが停車し、子供たちが降りたあと、まさに道を渡ろうとします。

引用:You Tube

この動画では、撮影者がクラクションを鳴らしたことで、対向車は間一髪で気づき、最悪の事態は免れました。

今回の事故のように、対向車線からは子供たちは見えていないわけですね。

しかし、子供たちからもバスに隠れて、対向車線が見えない状況です

事故の統計と取ると、小学生のこういった飛び出しによる交通事故は非常に多く、全体の2割以上を占めるそうです。まだ、判断能力があいまいな子供たちに完全な注意を促すのはとても難しいことだと思います。

ですので、普段から交通事故にはこういったケースがあると教育する場を設けてあげられたらいいですね。

事件じゃなくてあくまでも事故なんだよなぁ
我が子と置き換えると親として狂わんばかりに
血の涙を流すだろうし
自分が運転手だと罪悪感と後悔に一生さいなまれ
背景にいる自分の家族のことを思い地獄の苦しみを背負うことになる

飛び出したってことだよね?
これは運転手気の毒やわ

ワンボックスの運転手にも同情する。

飛び出して来る「かもしれない」じゃなくて、飛び出して来る「だろう」ぐらいの緊張感をもって安全運転しないとね

乗降中のバスを抜く時は、横断歩行者を予測し減速停止手配取らないのかよ、今までよく事故らずに来れたな。交通国民宿舎ご招待おめでとうだな。

出典:yahoo!コメント

事故に対する加害者と被害者の苦しみ、また車の運転に対する責任を言及する声などが多く聞かれましたね。

スポンサーリンク




いかがでしたか?

最近は車が人の命を奪う報道をよく見る気がします。くれぐれも運転される方は細心の注意をはらって運転するよう心がけましょうね。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする