アドセンス広告
スポンサーリンク

【海部観光】逆上運転手の顔画像は?淡路島南PAで運転放棄!現場・ネットの反応など

バスの運転手が逆上し、衝撃的な行動に出ました。

淡路島南パーキングエリアに停車したまま、運転を中止したとのことです。

この影響で、乗客17人が1時間待たされるという事件が発生しました。

最初に、報道概要をみてみましょう。

出典:TBS

スポンサーリンク

海部観光(徳島県美波町)の阿南発大阪行き高速バスで6月12日、50代の男性運転手が同乗する指導員の指示に逆上して運転を途中でやめ、淡路島南パーキングエリア(PA)に停車したまま乗客17人が約1時間待たされていたことが分かった。

四国運輸局は5日、同社と、運行を担っていた関連会社に10月24日付で文書警告の行政処分を行ったと発表した。

運輸局は乗客からの苦情を受けて監査を実施し、安全などに関する講習を運転手全員に受けさせていなかったとして、処分を決めた。海部観光の打山昇会長は「二度とこのようなことが起こらないよう注意し、信頼回復に努めたい」と話した。

出典:徳島新聞

とんでもない事件ですね。

バスの運転手が運行中に運転を放棄しました。

乗客の気持ちを考えると、あってはならない行為だと思います。

逆上の理由としては、指導員の指示に対するものとのことです。

一体全体何があったのでしょうか?

同社や運輸局によると、運転手は入社したばかりで、高速道路を走行中に低めのギアで走っていたため50代の男性指導員がギアを上げるよう指示した。

しかし従わず、同PAに入った後、運転を拒否した。

指導員は運転する際に必要な健康状態などのチェックを受けていなかったため代わりに運転をせず、乗客は約1時間後に同PAに到着した大阪行きの後続便に乗り換えた。

出典:徳島新聞

どうやら高速道路を低めのギアで走っていたことを注意された模様です。

当然高速道路では、信号もなく、回転数が上昇していくため、ギアは上げるものです。

それに対し、低めのギアで走っていたことを指導され、逆上したとのことです。

・・・・それだけ?

と思ってしまいます。

その後、乗客は別の大阪便のバスに乗り換えたそうです。

乗り換えるまでの時間が1時間もかかったとのことで、急いでいる人がいたら大変なことですね。

現状、公表されている運転手のプロフィールを紹介します。

名前 非公開
年齢 非公開
職業 (元)バスの運転手
現在 事件があった後、退職している

運転手は県内外のバス会社で運転歴があった。問題のあった2日後に退職した。

出典:徳島新聞

問題を起こした後、2日後に退職したとのことです。

当然ですね・・

運転手の顔画像は、現状公表されていません。

海部観光の退職履歴などから調査を行いましたが、名前も非公開にされているようです。

海部観光側の情報規制もかかっているのでしょうか。

今後、バスを使用する人のためにも、プロフィールは公表してほしいですね。

こちらに関しては、情報が公開され次第追記させていただきます。

スポンサーリンク

運転手の事件現場は

淡路島南パーキングエリア

になります。

こちらがマップになります。

特に時間をつぶしやすそうな場所もありませんし、乗客の方は大変だったと思います。

そもそも、逆上した運転手はその後どうしたのでしょう。

一緒にバスに乗って帰ったのでしょうか?

出典:TBS

海部観光に関する情報をまとめました。

名称 海部観光(株)
代表者 代表取締役会長 打山 昇
代表取締役社長 打山 秀明
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業、一般貸切旅客自動車運送事業
旅行業法に基づく旅行業
問い合わせ先 0884-77-1060(本社)
公式HP 海部観光

海部観光の募集要項には次のようなことが書いてあります。

安全意識の高い方・お客様を大切にして頂ける方・未経験者や遠方からの方を歓迎

お客様を大切にしている行動ではありませんね・・

■高速を走っててトップまで上げない乗務員が居る事が凄いと思う。
二種免以前の問題でこの人が運転に向かないのでは?

■考えようによっては、安全運転を継続出来ないと自ら判断したとも取れる
少なくとも、このような短気な危険運転手が平常な精神を保てない状況で運転を継続しなくて良かったのは確かだろう

■不満はあったのかもしれんが社会人としてどうかと思う。経験あっても、いろんなバス会社を渡り歩いてたんだろう。本採用になったら事故起こしてたかもしれんから、逆切れしてトラブルになったことが幸いだったのかもしれない。

■格安なので利用したことがあるが、とても教育を受けた運転手とは思えない態度だった。全ての運転手には当てはまらないだろうが、格安な運賃にはそういうリスクも含まれていると覚悟すべし。

出典:yahoo!コメント

スポンサーリンク

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする