アドセンス広告
スポンサーリンク

木村健の顔画像は?事件現場特定!近所の方は近づかないように!(人質が逃走中)

木村健容疑者が、殺人未遂の疑いで逮捕されました。

この報道は、新潟県聖籠町で包丁を持って人質をとった木村容疑者が、警官に発砲されて負傷。その後、現行犯で確保された事件です。

また、人質は車で事件現場から逃走しています。

最初に、事件概要をみてみましょう

出典:FNN

スポンサーリンク

出典:FNN

包丁を突きつけ人質にとった男に警察官が発砲し、銃弾は男の膝付近に命中。
男は、殺人未遂などで現行犯逮捕された。

男性の首をつかみ、自宅から出てきた男。
右手には刃物が…。

その周りを、警察官が取り囲みながら追っていく。

この刃物を持った男は、殺人未遂などで現行犯逮捕された、新潟・聖籠町の職業不詳・木村 健容疑者(49)。

新潟・聖籠町で13日朝、別事件の家宅捜索のため、警察が木村容疑者の自宅を訪れ、ドアをノックしたところ、思わぬ展開に。

木村容疑者は、その場で一緒にいた知人男性を人質にとったため、40代の男性警部補が発砲。
木村容疑者の左膝付近に命中し、その場で逮捕された。

近所の人は「男性の言い合いと発砲の音が。びっくりした」などと話した。

一方、人質となっていた知人男性は現場から立ち去っていて、警察が行方を追っている。

出典:FNN

実際に報道された事件現場の動画の内容がこちら

   出典:FNN

木村容疑者が人質を取りながら追われる様子・・

    出典:FNN

手には包丁を所持しており、威嚇している様子がうかがえます。 

今回の事件ですが、少し不可解な点いくつかあります。

事件の順番としては、下記のようになります。

事件の流れ

①警官が何らかの事件を追って、木村容疑者の自宅を訪問

②なぜか木村容疑者が、人質を取って立てこもる

③最終的には木村容疑者が人質を包丁で刺そうとしたため、警官はやむなく発砲。
(この銃弾は膝付近に命中。命に別状はない)

④そのまま現行犯逮捕

人質が車を使って事件現場から逃走する

立てこもり事件としては、②~④で完結しており、犯人は無事逮捕されました。

不可解なのは⑤の、事件後

人質が車を使って事件現場から逃走したことです。

出典:FNN

なぜ人質が逃走するのかはわかりませんが、予想されるのは

人質も木村容疑者の仲間だったのでは?

ということです。

そもそも①で説明した通り、何らかの事件を追って警察が木村容疑者の自宅を訪れているので、二人でいた以上、なにかしらの関係はありそうです。

本当に無関係でたまたまそこにいただけかもしれませんが・・

注意するべきなのは、このもう一人が何かしらの危険人物であった場合、なるべくこの事件現場周辺には近づかないほうがいいということですね。

現場の詳細も紹介しましたので、参考にしていただければと思います。

木村容疑者の今後の取り調べ、もう一人の人物がわかるとよいのですが・・

今後の取り調べに注目ですね。

現状、公表されている容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 木村 健
年齢 49歳
住所 新潟県聖龍町(公開情報)
職業 不明
現在 逮捕 取り調べ中

木村容疑者の顔画像は、現状公表されていません。

Facebook、Twitterを検索しましたが、本人の特定には至っておりません。

検索結果は下記になります。

⇒ Facebook 検索結果

⇒ Twitter 検索結果

出典:FNN

今回の事件現場は明確には報道されておらず、「新潟県・聖龍町」となっています。

報道の写真を見る限りですが、ストリートビューと照合して、一致する箇所がありました。

住所が

新潟県北蒲原郡聖籠町次第浜1665−4

となります。

ストリートビューの写真を表示します。

木村容疑者が写っていた動画の家と同じだと思います。

出典:UX新潟テレビ

マップ上ではこの位置になります。

報道にもありましたが、木村容疑者は逮捕されましたが、人質が逃走しました。

警察が別事件と追って訪問しているわけですから、何かしらの犯罪者である可能性も否めません。

可能性は薄いですが、この事件現場に戻ってくることも考えられるので

特に近所の方は注意して下さい!!

スポンサーリンク

詳しい犯行動機はわかっていませんが、警察の追っていた「別の事件」と関連が強そうですね。

今後の取り調べで明らかになっていくと思います。

逃走した犯人が木村容疑者の仲間だったのか?どういった人物なのか?

といったことも供述される可能性もありますので、公表され次第追記させていただきます。

事件現場から逃走した人質に関しては、「木村容疑者の知人男性」とだけ報道されており、詳細まではわかっていません。

知人男性だからといって危険な人物かもわかりません。

ただし、逃走した車は

白~銀のステーションワゴンタイプの車です。

出典:FNN

車が出ていくところを目撃した住民によると

近所の方
バーンと音がした後、ものすごいスピードで1台の車が出てきた

と話していました。

相当焦って逃走したようですね。

もし、見かけるようなことがあれば、確認の上、通報する必要がありますね。

ですが、不用意に近づいていくのは危険なのでやめましょう。

今回の事件では木村容疑者が人質をとり、包丁で実際に刺そうとしたため、やむなく警官が発砲行為を行っています。

発砲に関しては、事件現場付近の住民もさすがに感づいたようですね。

報道の中で

近所の方
男性の言い合いと発砲の音がしてびっくりした

といった内容が紹介されていました。

発砲事件は日本では珍しいため、驚かれるのも無理はないと思います。

この警官の発砲に関しては、かなり厳しい条件があるらしいです。

<犯人が逃走した場合>

威嚇射撃のみ許可 被疑者に向かって発砲することは許されない

<犯人が第三者、もしくは警官に重度の攻撃を行った場合>

この場合でのみ、被疑者への発砲を許可

今回は人質の方が木村容疑者によって「殺害されるかもしれない」状況だったため、発砲は恐らく正しいと判断されるのではないでしょうか。

人質も問題ありそうだな。
二人とも仕留めてよかったんじゃないか?

人質じゃなくて、悪の仲間じゃないの?
発砲は適正でしょう。
殺してからでは遅いもんね。

yahoo!コメント

報道の内容から、人質も木村容疑者の仲間ではないか?といったコメントが多く挙がっていました。事件現場に二人でいた以上怪しいですね。

犯人の家にいたっていう人質は事件後、車で去って行ったって変な事件だね。

yahoo!コメント

木村容疑者は捕まえたのに、人質が逃走してしまうという事件の不可解さを指摘するコメントもあります。

警部補さん、落ち着いて膝を撃った。新米巡査ならどこへ行くか分からない。犯人、運が良かった?。まあ、警官のピストルは日本ではめったに撃たないと思ってるようだが、そうでは無いと悪い奴には思われた方がいい。

このような腕のいい警官をドンドン育てて欲しいものです。お見事!

yahoo!コメント

また、警官の発砲が、人質に当たることなく、犯人の動きを止めるだけに十分な精度だったことに感心する声が多く挙がっていました。

スポンサーリンク

いかがでしたか?

木村容疑者は逮捕されたため、今後の取り調べでいろいろなことがわかってくると思います。

問題は逃走した車の方ですね。

もしも、危険人物だった場合、注意が必要なので、事件現場付近には近づかないでください。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする