アドセンス広告
スポンサーリンク

黒木華 悩みを語る!【画像あり】

黒木華さんが過去~現在も、悩み続けていることを告白したことで話題を呼んでいますね。

今年はNHKの大河ドラマ「せごどん」のヒロインの一人にも抜擢され、数々の作品にも出演されつ続けている黒木華さん。

そんな彼女が、いったいどういった悩みを持っているのかをみていきましょう!

出典:シネマトゥデイ

スポンサーリンク

映画向きの顔じゃないのかな?~大学時代~

大学時代には女優を目指し、映画学科の俳優コースに籍を置いていたが「ほかの子たちは先輩たちから映画の撮影に呼ばれるのに自分は呼ばれることはなくて、『映画向きの顔じゃないのかな』と悩むこともあった」という。

出典:シネマトゥデイ

黒木華さんは京都造形芸術大学映画学科コースを卒業されている方です。

同じ大学内でも、映画に呼ばれる・呼ばれないなどの差が出てきてきるとのこと・・

当時黒木華さんは、自分だけが呼ばれないことから

「映画向きの顔じゃないのかな」

と悩みを抱えていたようですね。

人見知りで、人前に出るのが苦手

 「実は人見知りで、人前に出るのも苦手なんです。でも舞台では、台詞が決まっているので緊張せずにスッと言葉が出てくる。お芝居が好きな人たちが集まる場所なので居心地が良かったですし、何より観劇された方から面白かったと言っていただけることがうれしく、お芝居を続けたいと考えるようになりました」

出典:シネマトゥデイ

現在の姿からは想像もつきませんが、

人見知りで、人前に出るのも苦手

だったとのことです。

女優を目指すのであれば、大変な悩みですね。

ですが、演技をする際は、台詞が決まっているので緊張せずにいられるとか・・

いつも迷いながら演技をしている

「いつも迷いながら(演技を)やっているし、何度演じても不安に思います。うまくなりたいとテクニック的なことではなくて、その場に役そのものとしていることが大事なんだと思っているんです。でも、そこにはまだ至っていない。道半ばです」。

出典:シネマトゥデイ

何度演じても演技は不安だそうです。

その役そのものになることが大事とわかりつつも、まだその境地には至れていないのが悩みのひとつなんですね・・

「演技って、正解があるわけではないのですが、わたしとは別の方が演じた方がいいのではと思ってしまう時もあります。だから、安心することがなくて……」と絶えず付きまとう女優ならではの悩みを吐露。

出典:シネマトゥデイ

別の方が演じた方がいいのでは・・

今現在でも大きく悩んでおられることのようですね。

自分じゃなくてもいいのでは・・

と考えてしまうことも多いようです。

絶えず付きまとう女優ならではの悩みを吐露

と、記事でも紹介されていますね。

スポンサーリンク

地味だけれど、そのぶん味かある。若さで売っていないから劣化とかも言われないだろうし。アイドルみたいに可愛くて注目されて一気に人気が出て、年を取ったら一気に人気がなくなるよりいい気がする。

化粧で誤魔化してる人より、黒木さんのような透明感のある女性に惹かれます。
日本人的な美しさを感じますね。
エキゾチックな美しさももちろん素敵ですが、黒木さんにしか出せない魅力があります。
舞台で通じる彼女の演技力こそ本物です。

この人にしかできない演技がある。
役者がみんな同じタイプだったら、いい作品なんて生まれない。
黒木華さんが演じているからこそ、最高の作品になるものだって山ほどあるんだし。
この人は、演技力も卓越してるし、間合いの取り方もすごく上手いし、素晴らしい女優さんだと思う。

スポンサーリンク
アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする