アドセンス広告
スポンサーリンク

大津祭り 2018 宵宮と本宮のスケジュールは?ちまきとは?

滋賀県大津市京町で毎年秋に行われている「大津祭り」

お祭りのスケジュール、みどころなどについて調べました。

スポンサーリンク




大津祭りとは、滋賀県大津市京町にある、天孫神社で行われる例祭です。滋賀県の三大祭の一つで、300年以上の歴史があり、国の重要無形民族文化財に指定されています。

みどころは「13基の曳山巡行」です。

祭り中は13基の曳山が街中を移動し、曳山の中にある「からくり人形」の「からくり実演」や、厄除けのばらまきなどを行います。

祭りは2日間にわたって行われ、合計で15万人以上の人が参加する大規模がお祭りです。(ほとんどが2日目に集中します)

引用:You Yube

日程

開催日 10月6日(土)~10月7日(日)
開催場所 天孫神社
マップ
お問い合わせ先 077-522-3593(天孫神社)
料金 無料

スケジュール

1日目:宵宮 夕刻 ~ 21時

1日目は「宵宮」と言われ、夕方から始まります。曳山に提灯がつけられ、笛や太鼓などのお囃子で祭りを盛り上げます。

引用:ちま吉ウェブサイト

2日目:本宮 9時30分 ~ 17時30分

2日目は「本宮」と言われ、朝から曳山が市街地を巡行し、からくり実演を始め、いろいろな行事が催されます。1日目と比較して、人が多くなるので参加される際は早めの行動を心掛けましょう。

引用:ちま吉ウェブサイト


スポンサーリンク




大津祭りの楽しみのひとつとして「ちまきをゲットできるか!?」といったものがあります。ちまきとは、玄関や軒下に吊るすと厄除けになるといわれるお守りのようなもので、祭り中に曳山から直接まかれます。

当然、ちまきを狙って大勢の人が曳山周辺に集まるので、欲しい人は頑張って曳山の近くまで行きねだってみてください!


ちまきの精霊「ちま吉」!

ちなみに、大津祭曳山連盟公式キャラクターとして「ちま吉」が存在します。なんでも、すべてのちまきが集まった「ちまきの精霊」という立ち位置らしいです。

引用:ちま吉ウェブサイト

宵宮、本宮の2日間は、このちま吉のグッズを取り扱う「ちま吉センター」が設置されます。

設置期間 10月6日(土) 16時 ~ 20時30分

10月7日(日) 10時 ~ 16時

設置場所 滋賀県大津市中央2-4-28 錦ビル1階
マップ
お問い合わせ 077-525-0505
ちま吉公式サイト ちま吉ウェブサイト

<車の場合>

名神高速道路 大津インター下車 5分程度

<電車の場合>

JR琵琶湖線「大津駅」下車後 徒歩5分程度

祭り用の無料駐車場などは設置されませんので、大津駅周辺の有料駐車場をご利用下さい。ただし、大津駅周辺の有料駐車場は満車になる可能性が高いので、利用される予定のあるかたは、早めの到着を目指すよう、心掛けてください。

交通規制公共

当日は交通規制がかっていますので道路状況に注意して下さい。以前の交通規制資料を消化あします。最新情報が発表され次第、追記いたします。

宵宮(1日目)の交通規制状況

引用:NPO法人大津祭曳山連盟

本宮(2日目)の交通規制状況

引用:NPO法人大津祭曳山連盟

スポンサーリンク




いかがでしたか?

大津祭りは、迫力のある曳山がメインのお祭りです。「ちまき」ねらいで参加される方も多いので、欲しい方は是非曳山の近くまで足を運びましょう!

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする