アドセンス広告
スポンサーリンク

斉藤秀夫容疑者の顔画像は?車蹴ったらまさかの覆面で逮捕!現場・刑罰など=北九州市小倉北区

北九州市内の路上で驚きの事件が起きました。

逮捕された斉藤秀夫容疑者が、間違えて覆面パトカーを蹴って逮捕されました。

一体何があったのでしょうか?

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:ANN

スポンサーリンク

 北九州市で車の走行が危険だと腹を立てた男が間違えて近くにいた覆面パトカーを蹴り、ドアを壊したとして現行犯逮捕されました。

 器物損壊の疑いで現行犯逮捕されたのは北九州市小倉北区の自称・自営業、斉藤秀夫容疑者(42)です。

警察によりますと、8日午前2時すぎ、斉藤容疑者が市内を歩いていたところ、車にはねられそうになり、そのことに腹を立てて、近くにいた別の車を間違えて蹴ったところ、その車が覆面パトカーだったということです。

出典:ANN

自業自得・・といった事件ですね。

逮捕された斉藤秀夫容疑者は、車にひかれそうになって腹を立てたそうです。

斎藤容疑者
お前、俺を引きそうになったやろ

と恫喝しながら車を蹴ったとのことです。

そして蹴った車が覆面パトカーだったということで、降りてきた警官にその場で現行犯逮捕されてしましました・・

状況からして信号待ちの状態の車を蹴ったのでしょうか?

もしかしたら前後に似たような車があって間違えたのかもしれませんね。

気持ちはわかりますが、車を蹴る行為はいけませんね・・

蹴った車が覆面だったからこそ現行犯逮捕されていますが、もしかしたら日頃から同じようなことを繰り返していたのかもしれません。

注意するのはいいと思いますが、車を蹴ってしまっては器物損害罪になりますね。

自分の運転中は、誰かに迷惑をかけているかもしれませんし、抑えなくてはいけません。

もちろん、斉藤容疑者は罪を認めています。

しっかりと刑罰を受け、反省してほしいですね。

報道の動画紹介

引用:you tube

現状、公表されている斉藤容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 斉藤秀夫
年齢 42歳
住所 北九州市小倉北区
職業 自営業(自称)
現在 逮捕 罪を認めている

斉藤秀夫容疑者の顔画像は、現状公表されていません。

また、斉藤秀夫のfacebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

斉藤秀夫の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 斉藤秀夫 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 斉藤秀夫 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、斉藤秀夫と特定できるものは見つかりませんでした。

スポンサーリンク

出典:ANN

斉藤容疑者の犯行現場は

北九州市内の路上

と報道されています。

詳しい位置に関しては、報道の写真をもとに調査したところ

日本セレモニー 小倉支店の向かい側付近

であると推測されます。

ストリートビューで見るとほぼ一致しているのがわかります。

こちらがマップになります。

すぐそこに交差点がありますね。

おそらくここで信号待ちになっていた車を蹴ったのではないかと考えれます。

深夜帯ですが、目撃者も多かったのではと思います。

器物損害罪とは、他人の物を損壊または傷害することです。

今回の斎藤容疑者のケースでは、もちろん覆面パトカーのドア破損がこれに該当します。

故意か過失かで受ける刑罰は変わるとのことですが・・

今回の場合は確実「故意」と判断されますね。

その場合は・・

3年以下の懲役または30万円以下の罰金若しくは科料

となると思います。

覆面パトカーを蹴っていることからイメージがかなり悪いので、重い方向に向かうかもしれませんね。

運が悪かったとはいえ、日頃の態度を振り返り、しっかりと反省してほしいですね。

■どの様な状況ではねられそうになったか定かではありませんが車を蹴ってはいけませんね。
そんな事が出来るという事は普段の素行にも問題があったのではないでしょうか。

■何時ぞやのドリフのコントでも成立しそうなギャグ。
覆面だからパトって判らなかったんだろうが 轢かれそうになった別の車と
間違うなんて・・・ 色がクリソツとか同車種だったんだろうか?
にしても いきなり蹴るか? まず因縁つけてからの方がよかったね。
まぁ 間抜けな お話です。

■車を蹴られても事件化できず泣き寝入りしている人たくさんいると思うけどな。
警察は自分の車両が蹴られたら本気出すんかい。

出典:yahoo!コメント

スポンサーリンク

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする