アドセンス広告
スポンサーリンク

斎藤広樹の顔画像は?八千代市ひき逃げ犯逮捕!逃げた理由や事故現場は?

千葉県八千代市でひき逃げ事件が起き、被害者の男性が死亡しました。

逮捕されたのは斎藤広樹容疑者です。

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:FNN

スポンサーリンク

千葉・八千代市で9月30日、男性がひき逃げされ死亡した事件で、28歳の男が逮捕された。

斎藤広樹容疑者(28)は、9月30日、八千代市勝田台南の国道で、道路を横断していた31歳の男性を車ではね、そのまま逃走した疑いが持たれている。

現場に残っていた車の部品や、周辺の防犯カメラなどから、斎藤容疑者の逮捕に至ったという。

出典:FNN

事件の流れ

発生日時:9月30日 未明

①被害者の男性が千葉・八千代市の路上で車にひかれる

②男性は病院に搬送されるも死亡

③引いた斎藤広樹容疑者はそのまま逃走

ひき逃げ事件が後を絶ちませんね・・

事故の原因はまだわかりませんが、

もしかしたらすぐに助ければ命は繋ぎ止められたかもしれません。

「怖くなったから逃げた」

「ぶつかったかわからなかった」

で済む問題ではありませんね。

情報が公開されていない部分が多いですが、

公開され次第、追記させていただきます。

公表されている斎藤広樹容疑者のプロフィールをまとめました。

名前 斎藤広樹
年齢 28歳
住所 不明
職業 不明
現在 逮捕

取り調べ中

斎藤広樹容疑者の顔画像は、現状公表されていません。

また、斎藤広樹のfacebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

斎藤広樹の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 斎藤広樹 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 斎藤広樹 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、斎藤広樹と特定できるものは見つかりませんでした。

現状、公表されている被害者のプロフィールを紹介します。

名前 不明
年齢 31歳
住所 不明
職業 不明
現在 病院に搬送されたが死亡が確認されている

出典:FNN

事故現場は、報道では

八千代市勝田台南

と紹介されています。

詳しい位置に関しては、報道の写真をもとに調査したところ

勝田台南1-18-1 千葉鑑定団八千代店横の横断歩道

であると推測されます。

ストリートビューで見るとほぼ一致しているのがわかります。

こちらがマップになります。

スポンサーリンク

実際に事故があった事故現場は、この写真にあるネットカフェのすぐ横

の横断歩道だとみられます。

出典:FNN

道路側から見るとこのように見えます。

しっかり、歩行者用の信号機もついていますね。

車道はかなりの速度が出そうな道です。

この道路を走る車にひかれれば、ほぼ即死レベルの事故に

なってしますかと思います。

考えられるパターンは二つですね。

・ひいた車が赤信号を無視した

・被害者の男性が赤信号を無視した

どちらかになります。

ただ、原因がどちらにせよ、人を引いてしまった場合は必ず

「現場に残る義務」「正確に報告する義務」があります。

その義務を放棄している状態ですので、もちろんこれは刑罰対象です。

また、概要でも書きましたが、もしかしたらすぐに対応をしていれば、

男性の命は救えたかもしれません。

また、犯人が斎藤広樹容疑者とわかっていない

当時の報道では、そのコメント欄に

・めったに人が通らない交差点

・信号が見にくい交差点

との指摘もありました。

もしかしたら斎藤広樹容疑者も、

そういった油断があって、

注意散漫になっていたのかもしれませんね。

出典:FNN

斎藤広樹容疑者が逮捕されたきっかけは

現場に残された部品
防犯カメラの映像

でした。

ひき逃げはほとんどの確率で捕まります。

防犯カメラはどこにでも設置されていますし、

事故が起きれば当然車のどこかが破損します。

そういった証拠から、警察は確実に犯人を探し当てます。

今の時代、防犯カメラもあるし、塗料やタイヤ痕でも車種が特定できる。逃げたってダメよ。

出典:yahoo!コメント

ひき逃げで逃げ切るのはほぼ無理

といったコメントです。

年齢と同じくらい刑務所入っとけ!クソが

出典:yahoo!コメント

相次ぐひき逃げ犯に対する世間の怒りは強まるばかりですね・・

スポンサーリンク

いかがでしたか?

斎藤広樹容疑者が逮捕されて一安心ですが、

この後を絶たないひき逃げ事件には、何か対策を打てないものでしょうか・・

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする