アドセンス広告
スポンサーリンク

佐々克考(佐々総業社長)逮捕!顔画像公開!現場・動機・会社概要など

国が復興道路として整備中を進めている「三陸沿岸道路」の工事現場で窃盗事件です。

逮捕されたのは、佐々克考容疑者。

なんと佐々容疑者は、土木工事会社の「佐々総業」の社長とのことです。

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:IBC岩手放送

スポンサーリンク

国が復興道路として整備を進めている「三陸沿岸道路」の工事現場から、ブルドーザーを盗んだとして、岩手県山田町の会社社長の男が29日、逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、山田町の「佐々総業」社長 佐々克考容疑者36歳です。

警察によりますと佐々容疑者は去年10月、三陸沿岸道路釜石北インターチェンジの工事現場から、ブルドーザー1台およそ1000万円相当を盗んだ疑いが持たれています。

出典:IBC岩手放送

衝撃的な事件ですね。

建設業を営んでいる会社の社長が、工事現場からブルドーザーを窃盗しました。

工事の対象だった三陸沿岸道路」は、東日本大震災からの復興道路として2013年から事業を開始し、来年の完成を目標に進めていたようです。

このような現場から、窃盗事件が発生してしまったことが非常に悲しいですね・・

逮捕された佐々克考容疑者は、取り調べに対し

佐々容疑者
 ブルドーザーを盗んだことに間違いありません

と供述しており、罪を認めているとのことです。

この窃盗事件には、他にも関係者がいたとのことで、同じく2人が逮捕されています。

このブルドーザーの買い取り依頼を受けた宮城県内の古物商の通報で発覚し、古物商に買い取りを依頼した宮古市の会社社長 畠山和一容疑者47歳と、その部下の宮崎功容疑者34歳も、今月22日に逮捕されました。

佐々容疑者と宮崎容疑者は容疑を認め、畠山容疑者は否認しているということです。警察は運搬などに関わった共犯者が、他にもいるとみて全容解明を進めています。

出典:IBC岩手放送

逮捕されたのは、買い取りを依頼した会社側の人間です。

社長である 畠山和一容疑者は罪を認めていますが、部下であった宮崎功容疑者が否認しているようです。

もしかしたら、事情を知らされずに転売に関わったのかもしれませんね。

この他にも共犯者がいる可能性があるとのことで、しっかりと調査を行ってほしいですね。

現状、公表されている佐々容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 佐々克考
年齢 36歳
住所 岩手県 山田町 長崎
職業 佐々総業 社長
現在 逮捕 容疑を認めているとのこと

佐々克考容疑者の顔画像は、報道では公表されていません。

Twitter上で顔画像が公表されていたので、転載します。

また、佐々克考facebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

佐々克考の実名でフェイスブックアカウントを検索した結果、本人と思われるアカウントを発見しました。

ですが、特定には至っていないため、この記事での公表は控えさせていただきます。

気になる方は下記のリンクを検索下さい

⇒ 佐々克考 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 佐々克考 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、佐々克考と特定できるものは見つかりませんでした。

スポンサーリンク

出典:IBC岩手放送

佐々容疑者の犯行現場は

釜石北ICの工事現場

になります。

東日本大震災の復興道路・復興支援道路情報サイトでは、現場となったインターチェンジの場所が示されていますね。(右中央あたりが釜石北です)

出典:復興道路

佐々容疑者の犯行動機については、現在取り調べ中のため詳細はわかりません。

考えられるとすれば・・

・事業が上手くいってなかった

・以前からやっていた

・お小遣いがほしかった

などが挙げられるでしょうか。

取り調べの結果次第では、余罪の可能性も出てきますね。

他の関係者のことも含め、しっかりと犯行全容を開示してほしいですね。

佐々容疑者が社長を務める、佐々総業に関してまとめました。

会社名 佐々総業株式会社
代表取締役 佐々 克考
所在地
岩手県下閉伊郡山田町境田町11番
 
電話番号 0193-77-3503
FAX番号 0193-77-3510
展開事業 鳶工事一式(足場仮設・鉄骨組立・吊り足場・イベント会場設営)
建築一式工事業(大工・造作・リフォーム・内装)
土木一式工事業(造成・舗装・解体・構造物)
産業廃棄物収集運搬業
車両リース
採石・黒土・砂販売
除雪・排雪

会社HP 佐々総業HP リンク

ホームページを確認するとかなりしっかりとした会社であることが伺えます。

<企業ポリシー>

今までの建設業に囚われない 次世代の建築業を目指して

とのことです。

ここまでの会社の社長がなぜこのような窃盗事件を起こしたのか・・

不思議でなりません。

クレーン車やブルトーザーって盗まれること多いですよね。盗難された重機ってほとんど海外へ売り飛ばされてると思いました。工事現場っていろいろな会社が出入りしてるからトレーラーで堂々と盗んでいってもきずかれにくいんでしょうかね。

ブルドーザーが1,000万円か….
東南アジアでは日本の中古重機が必要だから
ボロでも需要はあるんだろうな。

販売ルートもなく実行したの?
計画性あるのかないのかわからないですね!

工事現場には見る人から見たら価値のあるものが沢山、無施錠で放置されていたりします。
重機、資材、発電機等。
プロの窃盗団は平気でユニックとか用意してきてもっていきますからね。

出典:yahoo!コメント

スポンサーリンク

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする