アドセンス広告
スポンサーリンク

澤口登容疑者(埼玉県寄居町ひき逃げ事件)の顔画像は?現場は?トラック運転手を逮捕!

埼玉県寄居町の国道で原付バイクを運転していた男性が、

タンクローリーにひき逃げされました。

警察の捜査から、澤口登容疑者が犯人として浮上しています

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:ANN

スポンサーリンク

 埼玉県寄居町の国道でタンクローリーで原付バイクの男性をはね、現場から逃走したとして46歳の男が逮捕されました。

 トラック運転手の澤口登容疑者は6日午前10時前、寄居町の国道254号で原付バイクの男性(79)をタンクローリーではね、そのまま逃走した疑いが持たれています。男性は意識不明の重体です。警察によりますと、ドライブレコーダーの映像や目撃証言などから澤口容疑者が浮上しました。澤口容疑者は積み荷を配送した後、会社に帰る途中で男性をはねたとみられています。取り調べに対し、澤口容疑者は「ぶつかった感覚はない」と容疑を否認しています。

出典:ANN

引用:you tube

事件の流れ

ひき逃げ事件日時:10月6日 午前10時前

①埼玉県寄居町の国道254号で澤口登容疑者が、前を走っていた原付バイクを追い抜く。

②車線に戻る際に男性に接触

澤口登容疑者はそのまま逃走

④男性は病院に搬送されますが、意識不明の重体とのことです。

埼玉県寄居町ひき逃げ事件の犯人を思われる人物が逮捕されました。

逮捕された澤口登容疑者は、当時タンクローリーを運転していたということで、バイクを運転をしていた男性に相当の衝撃がかかったことから、意識不明の重体とのことです。

逮捕された澤口登容疑者は取り調べに対して、

澤口登容疑者
追い越したことは覚えているが衝突した認識はない

と供述しているとのことです。

タンクローリーでの接触なので、もしかしたら運転している側からすると、本当にぶつかった感覚がなかったのかもしれませんね。

ただ、報道の写真から確認すると、恐らく事故現場は一車線だったのではないでしょうか?

一車線道路でタンクローリーがバイクを抜くことそのものが、あまり安全な運転とは言えないようにも思えます。

運転している澤口登容疑者も、「早く抜いて車線に戻らなければ」という焦りがあったのではないでしょうか?

もしかしたら対向車線に車がいた可能性もありますし・・

出典:ANN

現在の段階では、澤口登容疑者は容疑を否認しています。

今後の捜査状況が気になりますね。

現状、公表されている澤口登容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 澤口登
年齢 46歳
住所
川崎市
職業 トラック運転手
現在 逮捕

容疑は否認している

澤口登容疑者の顔画像は、現状公表されていません。

また、澤口登容疑者facebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

澤口登容疑者の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 澤口登 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 澤口登 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、澤口登容疑者と特定できるものは見つかりませんでした。

スポンサーリンク

容疑者の犯行動機に関しては、現在取り調べ中のため、詳細はわかりません。

ただ、「ひいた覚えがない」と供述しているので、

逃げた自覚はなかったのかもしれません。

今後の捜査で動機に関しては明らかになると思います。

情報が公開され次第、追記させていただきます。

澤口登容疑者の逮捕のきっかけは

目撃者の情報
ドライブレコーダー

でした。

やはり、どういった場面であれひき逃げ事件は、いくつかの証拠が残ってしまうため犯人を特定されますね。

他にも防犯カメラなどがあれば完全に特定できてしまいます。

事故を起こしても、その場から離れず、すぐに対応するべきですね。

現状、公表されている被害者のプロフィールを紹介します。

名前 不明
年齢 79歳
職業 不明
現在 病院に搬送されるも、意識不明の重体とのこと

意識不明の重体ということで、容体が気なりますね・・

出典:ANN

澤口登容疑者の事故現場は

埼玉県寄居町富田の国道254号線

になります。

こちらがマップになります。

詳しい位置に関して調査を行いましたが、

報道の写真からは特定できませんでした。

情報が公開され次第追記させていただきます。

加害者が「ひいた覚えはない」といったひき逃げのケースは、刑罰上どうなるのでしょうか?

被害状況や、車の損害状況でも警察の判断は変わってくると思いますが、

本当に気づいていない場合は、ひき逃げにならないこともあるそうです

今回の場合、澤口登容疑者のタンクローリー側の損害状況が公表されていないため何とも言えませんが・・

もしも、捜査上「ひき逃げにならない」と判断された場合は、ひき逃げに関する罪は無罪になります。

過去、実際に加害者が「人かわからなかった」と供述したことで無罪となったケースがあるそうです。

では、ひき逃げをした場合、「覚えていない」と言えばいいのか?

というと、そうでもないようですね。

本当にわからない場合は別だと思いますが、「覚えていない」と発言した場合は

被害者側との示談が成立しにくくなります。
通常、加害者側が誠意をもって被害者に対応を行えば、示談は成立する傾向にありますが、「覚えていない」ということで、被害者、もしくは被害者親族の方の怒りを買ってしまい、示談が成立しにくくなります。
示談が成立しない場合、最悪被害者側から訴えられることもあり、その裁判は被害者側に非常に有利になる傾向があるとのことです。

また、逆に「ウソをついている」と判断された場合は、さらに罪が重くなることもあるそうです。

事故に関しては、本当にわからない場合以外はわからないと言うと罪が重くなるだけですね。

また定番の言い訳か。
免許取得してる者の責任として、上乗せで「事故を起こして気付けなかった罪」を設けるべき。
歩行者、他車と距離が近いときは安全に通る事が出来たのかミラーまたは、目視で確認するだろ。
事故るかもしれない距離を通って、そのまま気にもせずスイ〜なんてありえんわ。
事故が事件になったな。自業自得。

出典:yahoo!コメント

事故を起こして気付けなかった罪があった方がいいのではないかというコメントです。

タンクローリーみたいに大きい車なら特に、追い抜く原付が急に転倒しても問題ないように、かなりのスペース取らないといけない。
気付かなかったのは本当かも知れないが、危険予知が足りてない。

出典:yahoo!コメント

タンクローリーのような車を運転する者として、もっと危険予知に注力するべきといったコメントです。

スポンサーリンク

いかがでしたか?

ひき逃げ事件が多発していますね。

飲酒や居眠りなど、いろいろなケースでこのような事件が起きていますが、少なくともぶつかったことに気づいている場合は、逃げてはいけませんね。

事故を起こしたものには、「現場に残る義務」と「状況を正確に報告する義務」があります。

その義務を放棄して、その場から離れることは余計に罪を重くするばかりか、助けられた被害者の命を落としてしまいかねません。

万が一、事故を起こしたときはすぐに対応することを心掛けたいですね。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする