アドセンス広告
スポンサーリンク

沢田憲一の顔画像は?元「歌のお兄さん」が薬物使用で逮捕!過去にも同じように・・

元「歌のお兄さん」が薬物を使用していたとして、逮捕されました。

逮捕された沢田憲一容疑者は、容疑を認めているとのことです。

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:FNN

スポンサーリンク

出典:FNN

NHKの「歌のお兄さん」も務めた男が、覚せい剤を使用した疑いで警視庁に逮捕された。

NHK教育テレビの「歌のお兄さん」として、かつて出演していた沢田憲一容疑者(49)は、18日、東京・歌舞伎町の路上で職務質問を受けたあと、尿検査で覚せい剤の成分が検出され、逮捕された。

当時、沢田容疑者は、パトカーを見かけて足早に立ち去るなど、不審な行動をしていて、持っていたバッグの中からは、使用済みの注射器2本が見つかっていた。

調べに対して、沢田容疑者は、「全身がぞわぞわする高揚感を味わいたかった」と容疑を認めている。

出典:FNN

元「歌のお兄さん」が薬物を使用していたという衝撃のニュースです。

沢田容疑者が供述するには、高揚感を味わいたかったそうです。

ストレスでもため込んでいたんでしょうか・・

警察の前で不審な動きをすれば確実に職務質問にかけられます。

逆に言うと、それほどわかりやすい状態になるまで使用していたということになります。

沢田容疑者のバックの中にはすでに注射器が2本入っていたとのことで

ほぼ常日頃から使っていたのでなないでしょうか。

基本的にこういった犯罪を犯す人は、常習犯になる傾向が強いのはまちがいありません。

再犯の可能性が極めて高いことも承知で使用していると思いますが、

これからのリハビリ・刑罰は大変なものになると思います。

現状、公表されている容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 沢田憲一
年齢 49歳
職業 元・歌のお兄さん
現在 逮捕

容疑を認めている

出典:FNN

沢田容疑者の顔画像は、報道でも紹介されています。

歌のお兄さんと紹介されているくらいなので、検索を行えばいくらでも出てくると思います。

犯行動機に関しては、沢田容疑者は容疑を認めていることから、供述もすでに行っており、

沢田容疑者
全身がぞわぞわする高揚感を味わいたかった

と話しているそうです。

こういった犯罪を犯す人によく聞かれる内容ですが、

改めて聞くと怖いですね。

「歌のお兄さん」のイメージをは真逆だと思います。

スポンサーリンク

沢田容疑者が逮捕されたきっかけは

警察の職務質問でした

その後に検査の結果、ほぼ間違いないと判断されるわけですが、

こういった犯行の場合、警察は事前に情報を集め、尾行していることが多いです。

恐らく沢田容疑者は前々から薬物を使用しており、

回りの人から通報があったものと思われます。

もしくは、他のだれかも犯罪を犯していて、その流れで情報が伝わったのかもしれません。

出典:FNN

今回、沢田容疑者が逮捕されたのは、

東京・歌舞伎町の路上

と報道されています。

報道の写真から調査すると

東京都新宿区歌舞伎町1丁目10-8 リュアーグ近辺

と思われます。

ストリートビューで確認すると報道の写真と一致します。

マップ上ではこの位置になります。

出典:日刊スポーツ

実は「歌のお兄さん」がこういった犯罪で逮捕されるのは、初めてではありません。

2年前にも同じように逮捕されたのが

杉田あきひろ氏

です。

当時は、友人から誘われて、一度使用するともうやめられなくなったそうです。

現在の杉田さんが語るには

杉田あきひろ氏
 僕たち経験者が薬物を使ったことによってどんな人生(を送って)何を失ったか、どんなクズになってしまったかっていうことを生の声で伝えないと

と考えているそうです。

今回の沢田容疑者の事件を受けて、世間では

「歌のお兄さん」にそういったルートがあるんじゃないか?

といった不安も挙がっています。

パトカーを見て足早に立ち去る。一番分かりやすい(笑)

馬鹿なのか?歌舞伎町でパトカーを見かけて足早に立ち去ったら職質受けるがな。

逮捕されるにしても、警察に対してここまで露骨に反応すれば捕まるよ・・

といったコメントです。

事前調査はあったでしょうが、警察はこの動きを見て確信したと思います。

歌のお兄さんがそんなことしちゃいけない

小さな子供相手に清潔なイメージを持っているだけに、こういった犯罪はしてほしくないですね・・

スポンサーリンク

いかがでしたか?

清潔なイメージの「歌のお兄さん」がこういった犯罪を犯すのは驚きですね。

所持するだけも犯罪となってしまうほど、危険なものなので、

どんな事があっても使用しないようにしましょう。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする