アドセンス広告
スポンサーリンク

志保見文彦の顔画像は?住職が妻を絞殺で逮捕!その動機とは?

神戸市長田区海運町で衝撃的な事件が起きました。

海運町にある、満福寺の住職・志保見文彦(しほみ・あやひこ)容疑者が

自分の妻を殺害しました。

最初に、事件概要をみてみましょう。

スポンサーリンク

自宅で妻の首を絞めるなどして殺害したとして、兵庫県警長田署は1日、殺人の疑いで、神戸市長田区海運町、満福寺住職、志保見文彦(しほみ・あやひこ)容疑者(73)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は9月30日ごろ、寺の敷地内にある自宅で、妻の暢子(のぶこ)さん(71)の首を絞めるなどして殺害したとしている。

 同署によると、1日午前5時45分ごろ、志保見容疑者の長男が「父が母を殺した。すぐに行ってほしい」と同署に通報。署員が駆けつけたところ、自宅の風呂場で倒れている暢子さんを発見した。暢子さんの首にはひものようなもので絞められた跡があったほか、頭にも殴られた跡があったという。

 同署は司法解剖して死因の特定を進めるとともに、詳しい動機を調べる。

出典:産経新聞

事件の流れ

通報日時:10月1日 午後5時45分ころ

①志保見文彦容疑者が自分の妻である、暢子(のぶこ)さんを絞殺

志保見容疑者の長男がこの状況を見て通報

③警察が駆け付けるも、暢子さんは自宅の風呂場で死亡。

驚いたことに、今回殺害容疑がかかっている志保見文彦容疑者は、

海運町にある満福寺の住職です。

殺害方法は絞殺と見られています。

暢子(のぶこ)さんの首にはひものようなもので絞められた跡があったそうです。

人を導くはずの住職が、まさか殺害事件を起こすとは・・

といった反応が世間で話題になっていますね。

志保見文彦容疑者は容疑を認めているとのことです。

今後の取り調べ内容に注目です。

現状、公表されている志保見容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 志保見文彦(しほみ・あやひこ)
年齢 73歳
住所 神戸市長田区海運町 満福寺の敷地内
家族構成 不明
職業 満福寺住職
現在 逮捕

容疑を認めているとのこと

志保見文彦容疑者の顔画像は、現状公表されていません。

また、志保見文彦のfacebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

志保見文彦の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 志保見文彦 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 志保見文彦 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、志保見文彦と特定できるものは見つかりませんでした。

スポンサーリンク

志保見容疑者の犯行動機に関しては、現在取り調べ中のため、詳細はわかりません。

ただ、夫婦間での殺害事件ということで

近しい存在ほど、憎悪も強くなると言います。

もしかしたらカッとなって殺害に至ったのかもしれまんね。

また、今回の被害者である志保見容疑者の妻は

高齢ということで、

介護の必要性や、認知症などを患っていた可能性もあります。

そういった中で、夫である志保見容疑者の我慢が限界になったとも考えられます。

追記:志保見容疑者の動機

志保見容疑者は取り調べの中で、

口論になって妻に暴行を加えた

と供述していることが明らかになりました。

一時の感情に身を任せて妻を殺害したのでしょうか・・

だとしたら悲しい事件ですね。

今後も情報が公開され次第、追記させていただきます。

志保見容疑者の逮捕のきっかけは

志保見容疑者の長男の通報

でした。

志保見容疑者の長男
 父が母を殺した。すぐに行ってほしい

と通報したそうです。

長男は物音には気づかなかったのでしょうか?

志保見容疑者の怒声などがあれば、気づけたかもしれませんね・・

現状、公表されている被害者のプロフィールを紹介します。

名前 志保見暢子(のぶこ)
年齢 73歳
住所 神戸市長田区海運町 満福寺の敷地内
特機 志保見文彦の妻
現在 死亡が確認されている

追記:暢子(のぶこ)の顔画像公表

志保見文彦容疑者が殺害した、暢子(のぶこ)さんの顔画像が公表されました。

出典:MBS

志保見容疑者の事件現場は

満福寺の敷地内にある自宅

になります。

ストリートビューで見る限りはなかなか大きな寺に見えます。

上空から、敷地内にある、自宅らしきものも確認できますね。

こちらがマップになります。

最近は夫婦での殺害事件が多くなっています。

理由はさまざまで、DV・浮気・小さな喧嘩からカッとなって・・などがありました。

ですが、その事件内容は極めて酷く、

・夫が妻を車で何度もひき続ける

・駐車場に停めた車の中で妻を何度もナイフでさす

などがありました。

やはり、近しい存在であればあるほど、一度憎むとより強く憎む、といったこともあります。

近しい人であるからこそ、お互い気を使い、心地よい関係を保てるといいですね。

なんだかなぁ、、深い闇がありそうですね。
普段から お説教をする立場でも
命の重さを疎んじたのかなぁ。

坊さんが妻殺しとは…ちょっとショッキング

人を殺した住職に、お経読んで貰っても、有り難くないし、亡くなった人も浮かばれない。

出典:yahoo!コメント

やはりコメントで多かったのが、

説教をする立場である、住職が人を殺害するといったことに

驚きや虚しさを感じていますね。

スポンサーリンク

いかがでしたか?

お寺の住職が、身内を殺害するという、とんでもないニュースでした。

夫婦でのいさかいから殺害に至ってしまうケースが最近多く見られますが、

殺害する前にきちんと話し合いをしたいですね。

今回の志保見夫婦は高齢ということで、もしかしたら話し合いなどができない

可能性もありましたが・・

こういったことも含め、志保見容疑者の今後の取り調べに注目ですね。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする