アドセンス広告
スポンサーリンク

島田博満容疑者 顔画像!取材はウソだらけ?動機・経緯・現場情報など=大阪市次男暴行事件

大阪市で生後4ヵ月の次男に暴行を加えたとして、

島田博満容疑者と妻の島田歩容疑者が逮捕されました。

二人は現在、容疑を否認しているとのことです。

最初に、事件概要をみてみましょう。

スポンサーリンク

今年1月大阪市の自宅で当時生後4ヵ月の息子に暴行を加え、殺害しようとした疑いで両親が逮捕されました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは大阪市に住む日雇い作業員の島田博満容疑者(31)と妻の歩容疑者(34)です。

逮捕後の調べに対し2人は容疑を否認しています。

出典:カンテレ

犯行状況まとめ

【犯行日時】:今年1月6日の午後

【犯行場所】:大阪市大正区平尾の当時の自宅アパート

【犯行内容】:自宅で生後4ヵ月の次男の頭部に急性硬膜下血腫などの重傷を負わせる
⇒殺害未遂事件として捜査

【被害状況】:次男は重度の知的障害と左手足のまひなどが残る可能性が高い

【医師見解】:「外部から強い力が加わった」との所見を得る。
⇒虐待と判断した。

次男は命に別条はないとのことですが、現在も入院中です。

1月に起きた暴行事件によって現在も入院中ということは、相当なものだったのではないかと考えられます。

現状、公表されている島田容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 島田博満
年齢 31歳
住所 大阪府大阪市
職業 日雇い作業員
現在 逮捕 容疑を否認中

名前 島田歩
年齢 34歳
住所 大阪府大阪市
職業 不明
現在 逮捕 容疑を否認中

スポンサーリンク

出典:カンテレ

島田博満容疑者の顔画像は、報道で公表されました。

妻の歩容疑者に関しても同様です。

また、島田博満のfacebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

島田博満の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 島田博満 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 島田博満 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、島田博満と特定できるものは見つかりませんでした。

また、妻の島田歩容疑者においても同様の検索を行いましたが、特定には至りませんでした。

スポンサーリンク

事件当時(今年1月)

事件当時、2人は警察に対し「何があったかわからない」と話していました。

博満容疑者が「ミルクをあげた後、目がうつろで元気がない」と119番したとのことです。

今年2月の取材

記者
当時どういう状況だったのか?
島田歩容疑者
もう、後にして!

記者
強く揺さぶったりだとか・・?

島田博満容疑者
してない!してない!警察に聞いて!

今年9月の取材(産経新聞)

島田博満容疑者
ベッドで寝かせていたら突然泣き出したので、病院に連れて行った

島田歩容疑者
虐待もしていないし、何の心当たりもない

現在

島田博満容疑者
何もやっていません
島田歩容疑者
だっこしたら頭が垂れ下がったが、暴力を加えたことにはあたらない

と現在も容疑を否認中です。

この全てがウソをついているとすると、正気を疑ってしまいます。

島田容疑者の犯行動機に関しては、現在容疑を否認中のためわかりません。

ですが、医師の判断からは既に何らかの強い暴力があったことは確実だと思います。

生後4か月といえば、親からすると何も思い通りにいかない時期です。

思い通りにいかないストレスを、子供への暴力という手段で解決してしまったのではないでしょうか・・

確かに育児はストレス伴います。

睡眠不足にもなりますし、どれだけ仕事で疲労しても、子供は関係なく泣きます。

ですが、子供を産んだ以上そういったことは覚悟しなくていけません。

それは親になる人間の責任だと思います。

このような事件が何度も起きている以上、刑罰を重くすることも必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

島田博満容疑者の事件現場は

大阪市大正区平尾の当時の自宅アパート

になります。

こちらがマップになります。

詳しい位置に関しては、特定でき次第追記させていただきます。

この二人に対する怒りより、親に殺されかけた子供の将来が心配だ、どうか幸せになりますように。

次男てことは長男は大丈夫?
日本は罰則が軽い!こういう親には厳罰が必要。

体外受精二度やっても出来なかった。なんでそっちに生まれてくるのって思う。

こどもを自分の所有物だと思っている鬼畜な親。
虐待して怪我をしたり命を無くしても、その内容に合わない罪の軽さ。
何も言えない子供の人権を重くみて、重罪にして欲しい。

出典:yahoo!コメント

スポンサーリンク

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする