アドセンス広告
スポンサーリンク

鈴木将貴の顔画像は?八王子ひき逃げ容疑で逮捕!

先月23日、東京八王子でひき逃げ事件が発生し、鈴木将貴容疑者が逮捕されました。

鈴木容疑者は「当たったとは思わなかった」と容疑を否認しているとのことです。

最初に、事件概要をみてみましょう。


出典:ANN

スポンサーリンク




出典:ANN

 東京・八王子市で63歳の女性を車でひいて重傷を負わせてそのまま逃げたとして、21歳の男が逮捕されました。男は「当たったとは思わなかった」と容疑を否認しています。

 鈴木将貴容疑者は先月23日、八王子市の交差点を車で右折する際、横断歩道を自転車で渡っていた女性をはねてけがをさせ、そのまま逃げた疑いが持たれています。女性は左手を複雑骨折するなど、全治不明の重傷です。現場は交通量の多い交差点で、警視庁は看板を設置して目撃情報を募り、鈴木容疑者の足取りにつながる情報が寄せられたということです。鈴木容疑者は「交差点を曲がった時に自転車が倒れたが、当たったとは思わなかった」と容疑を否認しています。

出典:ANN

自転車が倒れたのを視認できていたのなら、少なくともその後一旦停止し、状況確認を行うべきですね。

被害者の女性は全治不明の重体となっています。

基本的にひき逃げは逮捕されることが多いですね。その理由に

防犯カメラ

周辺の車のドライブレコーダー

目撃者(今回はこれでしたね)

の情報があるからだと思います。検挙率は60%を超えるそうです。死亡事故であれば、警察も必死になって捜索を行うので、90%こえるとか・・

ですので、事故を起こした場合は、絶対に逃げることは考えない方がいいですね。

逃げた場合は、事故報告の義務違反・現場に留まる義務違反で罪がどんどん重くなってしまいます。

また、すぐに報告することで、被害者が助かる可能性も高くなります。必ず報告しなければなりません。

現状、公表されている容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 鈴木将貴
年齢 21歳
職業 不明
現在 取り調べ中

容疑は否認しているとのことです。

今後の動向が気になりますね。

出典:ANN

鈴木将貴の顔画像は、現状公表されていません。

facebookも検索しましたが、本人の特定には至っておりません。

検索結果はこちらになります。⇒検索結果

スポンサーリンク




出典:ANN

事故現場は報道の写真から、「交差点:北八王子駅入り口」付近だと思われます。

マップで確認すると「豚丼」のお店が一致します。

速度が出やすそうな道ではありますね。。

駅前の道路ですので、車、自転車ともに交通量が多いことは予想されます。基本的には車は徐行を心がけるべきですね。

ひき逃げの刑罰内容を紹介します。

救護義務違反
危険防止措置義務違反
10年以下の懲役または
100万円以下の罰金
事故報告義務等違反 3ヶ月以下の懲役または
5万円以下の罰金
現場に留まる義務違反 5万円以下の罰金
自動車運転致死傷罪
過失運転致死傷罪
7年以下の懲役もしくは禁錮または
100万円以下の罰金
危険運転致死傷罪 死亡:20年以下の懲役
負傷:15年以下の懲役
殺人罪 死刑
無期懲役
懲役5年以上

通常事故の刑罰と比較して、罪は重くなり、また、罪状も追加されます

また、ひき逃げを行えば、被害者の助かる確率も下がる一方です。

事故を起こしたなら、即報告するのがベストですね。(そもそも起こさないことがベストですが・・)

この交差点を車で通ったら警察がたくさんきて大騒ぎだった。確かにこの交差点を右折する時に歩行者を気をつけて見てないと、うっかり見落としてしまう構造だけど、当たって気づかないなんてことはないし、小さい交差点だからスピード出していなければ重症を負わせるほどのことにはならないと思う。そもそも逃げるってことは何か後ろめたいことがあるからだと思う。ケガをされた方が早く回復されますように。

人とぶつかったとは思わなかったって……ウソ丸出し 自分は自転車に乗るときは周りを全く見てませんって言ってるようなもんだね 厳罰を望みます

そんな訳無いじゃん!!

車乗った事ある人なら誰でも分かるよ。。人をひいたか?ひかないくらい!!衝撃でわかるはずなのにね。。。

出典:yahoo!コメント

鈴木容疑者の「当たったとは思わなかった。」といった発言に対する疑いや、当時のスピードはどうだったのか?といった意見や、ひき逃げ犯罪自体が後ろめたさがあるなどのコメントがありました。

スポンサーリンク




いかがでしたか?

最近ひき逃げ事件が頻繁に報道されていますね。

運転する側も、外出する側も注意する必要がありますね。

仮に事故を起こしてしまった場合は、即報告を行いましょう。ひき逃げはリスクしかありません。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする