アドセンス広告
スポンサーリンク

鈴木崇容疑者(川崎市多摩区ひき逃げ)の顔画像は?飲酒運転はダメ!現場やネットの反応など

今月1日、川崎市多摩区で引き逃げ事件が起きました。

警察は2日、鈴木崇容疑者を犯人として逮捕しました。

鈴木容疑者は当時、飲酒していたとのことです。

最初に、事件概要をみてみましょう。

スポンサーリンク

酒を飲んで車を運転して歩行中の女性をはね、そのまま逃走したとして、神奈川県警多摩署は2日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑で、川崎市多摩区中野島の会社員、鈴木崇容疑者(46)を逮捕した。

酒は飲んだが、人はひいていません」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は1日午後11時半ごろ、酒を飲んだ状態で普通乗用車を運転し、自宅近くの路上で近くに住む団体職員の女性(36)をはね、そのまま逃走したとしている。

鈴木容疑者は帰宅途中で、直前に知人と酒を飲んでいた。同署が事故の詳しい経緯を調べている。

女性は頭を打つなどして軽いけがを負った。

出典:産経新聞

飲酒運転からのひき逃げが後を絶ちませんね。

鈴木容疑者は現在、ひき逃げに関しては否定しているため、事実はわかりません。

ですが、これだけ飲酒運転からの事故が多い中で、お酒を飲んだ状態で運転していること自体を十分に反省しなくてはいけません。

また、被害者は鈴木容疑者の自宅の近くに住んでいる女性と考えられます。

このことから鈴木容疑者の車を以前から知っていた可能性があります。

事故が起きたとき、だれが運転している車かがわかったのではないでしょうか。

もしそうであれば、やはり鈴木容疑者はひき逃げ事件を起こしている可能性が高いですね。

被害者の女性が軽傷で済んだことが不幸中の幸いでした。

今後の動向に注目ですね。

現状、公表されている鈴木容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 鈴木崇
年齢 46歳
住所 川崎市多摩区中野島
職業 会社員
現在 逮捕 容疑を一部否認している

鈴木崇容疑者の顔画像は、現状公表されていません。

また、鈴木崇のfacebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

鈴木崇の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 鈴木崇 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

⇒ 鈴木崇 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、鈴木崇と特定できるものは見つかりませんでした。

スポンサーリンク

鈴木容疑者の事故現場は

自宅近くの路上(川崎市多摩区中野)

と報道されています。

現在現場に関する情報としては以下のことが報道されています。

同署によると、現場は幅員約5メートルの直線道路で、道路の右側を歩いていた女性を、後方から追い抜きざまにはねたという。

出典:産経新聞

5メートルの直線道路であれば、それほど厳しい道幅と思えませんが・・

鈴木容疑者は、ひき逃げに関しては否定していますが、仮にひいていたとすればかなりの泥酔状態であったことが予想されますね。

道幅も関係なく蛇行運転していた可能性があります。

さらに本人自体が覚えていない可能性も・・・

事故現場の詳細については、公開され次第追記させていただきます。

今回、鈴木容疑者は

・自動車運転処罰法違反(過失致傷)

・道路交通法違反(ひき逃げ)

の容疑にかけられています。

自動車運転処罰法違反(過失致傷)に関しての刑罰は

5年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金

現在はひき逃げの容疑を否認していますが、確定するとさらに罪が重くなります。

今後取り調べ内容に注目ですね。

飲酒運転は殺意ありと判断して問題ないと思います

飲酒ひき逃げはもっと厳罰にしなきゃダメだな

頑張って惚け続けて下さい。

この手のニュース見て思うけど、飲酒して轢き逃げとかするから表沙汰になるんであって、たまたま何事もなく最後まで運転してる輩どもは日本全国であり得ないくらいの数がいるんだろうと想像する

飲酒運転よりも、ひき逃げの罪を遥かに重くしないと、飲んでるヤツは逃げるだろう。被害者を保護することで助かる命もあるはず。

飲酒運転の罪が軽すぎる
何の圧力だ?

まぁ飲酒やから任意保険は出んから
家売った金で賠償やな。

それでも足らんなら首吊って生命保険で
充てるべきやろうな。

お酒を制御できない人間は、弱い弱い底辺の人間。みっともなく情けなく、子供たちの前には立てない。支えてくれようとする人たちから見捨てられ孤独になればいい。

出典:yahoo!コメント

スポンサーリンク

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする