アドセンス広告
スポンサーリンク

手塚尋斗の顔画像は?タクシー運転手に暴行で逮捕!そのあきれた動機とは・・

東京・墨田区でクシーの料金を払わず、追及されたため運転手に暴行を加えたとして、

手塚尋斗容疑者が逮捕されました。

手塚容疑者は当時、かなり酔っていたようです。

最初に、事件概要をみてみましょう。

出典:JNN

スポンサーリンク

 23日朝早く、東京・墨田区でタクシーの客の男が料金を支払わずに逃走したうえ、追いかけてきた運転手の男性に暴行を加えたとして逮捕されました。

 強盗の疑いで逮捕されたのは墨田区の職業不詳、手塚尋斗容疑者(31)です。手塚容疑者は午前5時すぎ、客として乗っていたタクシーを家の近くで降りる際、男性運転手(65)の顔を殴って料金を支払わずに逃げたうえ、追いかけてきた運転手に路上でも殴る蹴るの暴行を加えた疑いがもたれています。運転手の男性は重傷です。

 警視庁によりますと、手塚容疑者は現場近くにいたところを、住民の通報を受けて駆けつけた警察官に逮捕されました。

 当時、かなり酒に酔っていて、調べに対し、「運転手にいきなり起こされて頭にきたのでやった」と容疑を認めているということです。警視庁は傷害容疑についても調べる方針です。

出典:JNN

飲酒で酔っていた状態から、タクシー運転手に暴行です。

最近はタクシー運転手に対する暴行犯罪が増えてきていると思います。

東京や神奈川で起きた事件はまだ記憶に新しいですね。

事件概要

①23日朝 手塚尋斗容疑者がタクシーに乗る

②タクシーが目的地に到着。

手塚容疑者が寝ていたので運転手が起きる

④起こされた手塚容疑者は激怒⇒料金を払わず

⑤料金を払わずタクシーを降りたため、運転手が追いかける

⑥追いかけられた手塚容疑者が激怒⇒運転手に暴行を加える

⑦近くにいた人が通報⇒現行犯逮捕

事件の流れを見ると、

いかに手塚容疑者がむちゃくちゃなことをしてしまったのかが

よくわかりますね。

タクシーの運転手には何の落ち度もなく、

ただ、迷惑をかけ、暴行を行ったように見えます。

また、逮捕された手塚尋斗容疑者は

当時、かなり酔っていたとのことです。

お酒の飲みすぎがこういった犯罪につながることを理解できているのでしょうか。

普段は冷静に物事を考えられていても、限界以上に酔った場合はおかしな言動、

行動になってしまうことも多いと思います。

自分の限界を知った上で、ほろ酔いくらいになるのがちょうどですね。

傷害罪は

2年以下の懲役または30万円以下の罰金刑

です。

ただし、相手のケガの状態が仮に「生命の危険性がある」と見られた場合は

はるかに重い刑罰を受けることになります。

運転手は重症ということですので、

それなりの刑罰を受けることになるのではないでしょうか。

しっかりと反省してほしいですね。

現状、公表されている手塚容疑者のプロフィールを紹介します。

名前 手塚尋斗
年齢 31歳
住所 東京・墨田区
職業 不詳
現在 逮捕され取り調べ中

手塚尋斗の顔画像は、現状公表されていません。

また、手塚尋斗のfacebooktwitterのカウントがあるか調査を行いました。

手塚尋斗の実名でフェイスブックアカウントを検索しましたが、

同姓同名はいますが、本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 手塚尋斗 検索結果

ツイッターに関しても同様に検索を行いましたが、

こちらも本人と特定できるアカウントは見つかませんでした。

⇒ 手塚尋斗 検索結果

ブログ・インスタなどに関しても調査を行いましたが、手塚尋斗と特定できるものは見つかりませんでした。

スポンサーリンク

出典:JNN

容疑者の犯行動機に関しては、現在取り調べに対して

運転手にいきなり起こされて頭にきた

と供述しています。

状況がはっきりとわかりませんが、

普通は逆ではないでしょうか。

運転手にとっては、客を早くおろして次の客の確保

を行いたいところです。

頭にくるのは、どちらかというと手塚容疑者というよりは

タクシーの運転手だと思います。

その上暴力をふるうとなると、理解が難しいですね。

出典:JNN

手塚容疑者の逮捕のきっかけは

通報され、その場で現行犯逮捕

でした。

通報され、現行犯逮捕されるということは、

警察が駆け付けるまで、暴行をふるっていたのでしょうか。

本当に恐ろしいことだと思います。

現状、公表されている被害者のプロフィールを紹介します。

名前 不明
年齢 65歳
職業 タクシー運転手
現在 重症

重症を負われたということで、容体が気になりますね。

出典:JNN

容疑者の事件現場は

東京・墨田区の路上

になります。

詳しい位置に関しては、わかり次第、追記させていただきます。

今回の手塚容疑者のように、タクシー運転手に暴力をふるったりする犯罪は

近年よく見られるようになってきました。

タクシー会社は、こういった犯罪に対して、

・車内防犯カメラ

・防犯仕切り版

で対策を行っていますが、

まだ、この装備が不十分なタクシー会社も多いそうです。

また、現状のこの対策では危険とみる声も挙がっています。

先月に神奈川県であった、タクシー連続強盗事件。

あの事件の犯人は、防犯カメラがあろうが、小さな仕切り版があろうが

平気で助手席まで乗り込んできて、

運転手を脅し、現金を奪って逃走していました。

こういった中、タクシー運転手からは、

自分の身を護る道具の常備

を許可してほしいといった声も挙がっています。

スタンガン程度であれば、常に持っていてよいのではないでしょうか。

そういった事実が広まれば、こういった犯罪に対する抑止力にも

なると思います。

現状でも大変ですが、

2020年にはオリンピックも開催され、

日本人だけでなく、外国人の方も大勢日本に集まると思います。

日本はまだ、犯罪は少ない国ですが、外国では

強盗など日常茶飯事な国がいくつもあると思います。

こういった意味でも、タクシー運転手の対策は早急に行うべきですね。

現行犯逮捕やドライブレコーダーを始めとした録画された動画で犯人の顔がハッキリとしてる場合は、今後の治安や防犯のためにも、犯人の顔と氏名は公にすべきです。犯人のプライバシーよりも、これ以上犯人が事件を起こさないようにする事の方が優先されるべきです

こういった事件は顔なども公にしてほしいといったコメントです。

再犯の可能性があるので、そういった事実を周知してもらい、事件を防ごうといった趣旨ですね。

酒に酔って自分自身の制御が効かない人はタクシー乗ってはダメだと思う

その内、酔っ払いはタクシー側から利用を断られるぞ…。
飲酒運転はダメだし、タクシーも断られたら、酒飲みはどうやって帰るのかな。

お酒を飲みすぎた人は、タクシーに乗ってはいけない。といったコメントです

最悪これから断られるのではないか?といったコメントもありました。

スポンサーリンク

タクシー絡みの犯罪も徐々に増えつつあります。

こういった事件が起きてからでは遅いので、早急に対策を考えなくてはいけないですね。

手塚容疑者のような人物はいつでも現れると思うので・・

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする