アドセンス広告
スポンサーリンク

UFOは存在する?北海道森町から証言多数!出現場所は?

北海道森町の砂原地区では、かなり前からUFOの目撃証言があり、副町長までも「見飽きた」と言っているほどです。

地区の住民だけでなく、自衛隊のパイロットも見たことがあると証言しており、今もUFO騒動が続いてます。

出来事の詳細と、ネットなどの反応を見ていきましょう。

スポンサーリンク




住民:「テレビで見てるような円盤状のものが(ジグザグに)行っているような感じが…」

森町 木村副町長:「回転灯みたいなものが、ピコーンピコーンとまわりながら移動していくんですよね」

住民の女性:「“オレンジっぽいの“がバーッと迫ってきて、草むらに隠れた話がある。おっかなくなって、草むらに逃げたんではないの。その人は、死んでしまったので、聞きたくても聞けない」

砂原地区の住民:「駒ヶ岳のところだべ。よく“七色に光っていた“」

砂原地区の住民:「7~8時ごろになると、すぐベランダ開けると見えるんです。今年もつい最近かな、お前、見れ見れって、もう見飽きたやっていうくらい。本当ですよ!」

砂原地区の住民:「それがまたカラフルなんだ。赤とかオレンジとか色変わったら、バーッと上にあがったと思ったら、下がったり…」

住民の目撃情報の記憶は“かなり詳細“で、“共通点“がありました。

・赤やオレンジに光る。  

・音はしない。  

・室蘭方面から駒ヶ岳の中腹へ飛ぶ。  

・水平飛行やジグザグ飛行など飛び方は様々。時には急停止に急発進も。  

・晴れた日の午後5時から午後8時ごろに現れる。

ほとんどの住人がUFOのような物体を見たとの証言をしており、その特徴も一致しています。

目撃した住人の方からも情報があるとおり、室蘭方面から駒ヶ岳の中腹へ飛ぶように に現れるようです。

目撃情報のある北海道駒ヶ岳は標高1131Mの比較的低い山で、登山をされる方も多いようです。

引用:Wikipidia

↑北海道駒ヶ岳 標高1131Mと登りやすく、登山者も多い。

スポンサーリンク




■ロシアか中国の偵察機じゃないの?

■涼しい北海道に移住する計画でもあるのかな?

■ドローンじゃないの?

■夢があるなぁ。

■いろんな確認手段がある時代なのにこの中途半端な状況でUFOって話題は好きだなあ。そっと調査し国防に影響なければこのままUFOで知らんぷりしていてほしい。

■アメリカは宇宙人だかゾンビだかが襲来したときの対応マニュアルが存在するとかしないとか。実際に起こり得る他の現実的な危機にも応用できるから、という理由。 

出典;Yahoo!ニュースコメント

ドローンや偵察機を疑う人もいれば、UFOのロマンを感じる人など、反応はさまざまです。

スポンサーリンク




いかがでしたか?

UFOが実際存在するかははっきりしていませんが、夢がある話ですね。

興味のある方は、北海道森町を訪れてみるのもいいかと思います。

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする