アドセンス広告
スポンサーリンク

薬師岳登山ルート!日帰り注意!コースタイム・アクセス情報まとめ

薬師岳登山のルートと周辺のアクセス情報を紹介します。

スタート地点は折立駐車場です。

スポンサーリンク

・有峰林道

折立駐車場に行くには、途中、有峰林道(有料)を通らなくてはいけません。開通期間や時間などの制限がありますので、出発前に確認されることをおすすめします。

通行料金 普通車:1900円
開通期間 6月上旬~11月中旬
開通時間 6:00~20:00(注意!夜間通行不可
売店 なし
公衆電話 なし(携帯不感地域)
宿泊施設 なし
その他 悪天候により落石や崩落が発生しやすくなるため、雨量規制による通行止めになることがあります。事前に道路状況を確認してください。
お問い合わせ先 076-482-1420

・折立駐車場

駐車可能台数:100台程度

夏の休日はほぼ満車になります。

(満車の場合は臨時駐車場が開かれます)

・太郎平小屋

料金 1泊2日9200円 / 素泊まり6000円
営業期間 4/28~5/7 6/1~10/25
収容人数 150人
携帯電話 docomoのみ
予約 予約希望(団体要予約)
お問い合わせ先 076-482-1917(有峰) / 080-1951-3030(現地)

・薬師岳山荘

料金 1泊2日9700円 / 巣泊まり6500円(弁当1100円:到着時注文可)
営業期間 7/1~10/8
収容人数 60人
携帯電話 docomのみ
予約 予約希望(団体要予約:10人以上)
お問い合わせ先 076-451-9222(自宅) / 090-8263-2523 & 090-6271-6852(現地) 対応可能時間:6:00~20:00
その他 乾燥室あり

・薬師峠キャンプ場

100張り可能 700円(太郎平小屋で申請)

チェック地点 標高(m) 登り(total 8:10) 下り(total 5:30)
折立ヒュッテ 1350 start 1:10
アラレちゃん休憩所 1630 2:00 1:00
五光岩ベンチ 2196 1:30 1:00
太郎平小屋 2373 1:30 0:20
薬師峠キャンプ場 2294 0:20 0:30
ケルン 2448 0:40 0:50
薬師岳山荘 2701 1:10 0:40
☆薬師岳山頂☆ 2926 1:00 start

①折立駐車場~アラレちゃん休憩所

折立駐車場の奥に登山道入り口があります。

付近に自販機があるので、必要な人はここで補給しておきましょう。

ここから登りを開始しますが、最初の300mをそこそこの角度で登っていくため、適度に休憩が必要になります。

300mほど登ると「アラレちゃん」の看板が立てかけている休憩所に出ます

②アラレちゃん休憩所~五光岩ベンチ

アラレちゃん休憩所をこえると、傾斜はゆるやかになります。

五光岩ベンチまで早い人で30分もあれば到着です。

ただし、途中に獣道がありますので、必ず鈴を鳴らしながら歩いてください。

③五光岩ベンチ~太郎平小屋

五光岩ベンチを出るとまもなく景色が開けてきます。

日本海なども見えて、見晴らしがよくなります。

登りはそれほど厳しくはありませんが、距離が長いのでこまめに休憩を取るようにしましょう。

④太郎平小屋~薬師峠キャンプ場

太郎平小屋から薬師峠キャンプ場はコースタイムで20分程度です。

キャンプ場を超えると沢登りが待っていますので、ここでしっかりと準備をしておきましう。

スポンサーリンク

⑤薬師峠キャンプ場~ケルン(沢登り)

キャンプ場を抜けるとすぐに沢登りになります。

薬師岳のルートの中で体力的に最も厳しい箇所になります。

また、時期によっては雪渓がありますので注意して渡って下さい。

ケルンまで来ると、あとは薬師岳山荘まで緩やかな傾斜が続きます。

⑥ケルン~薬師岳山荘

ケルンからは緩やかな傾斜が続くので、薬師岳山荘まではつらくはないと思います。

⑦薬師岳山荘~山頂

薬師岳山荘からは1時間ほどで山頂です。

ただし、山荘から見えるピークは山頂ではないのでご注意下さい。

日帰りする場合は、

有峰林道の開通時間が6:00~20:00

のためタイムスケジュールに十分注意しなくてはいけません

往復でコースタイムが14時間程度であり、有峰林道の開通時間は「料金所の受付時間」になりますので、有峰林道~折立駐車場の運転時間(約30分)を考慮するとかなりギリギリのスケジュールになります。

体力に自信のない方は、小屋もしくはテントで宿泊しましょう!

2016年から休日に設定された「山の日」をめがけて登山される方が多く、

2016年は駐車場が満車になり、朝早くに来ても交通整理の結果、駐車場からかなり下(直線距離で5km程度)に駐車を余儀なくされるケースがありました。

このため、特に山の日はタイムスケジュールに余裕を持って行動する必要があります。

スポンサーリンク

アドセンス広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする