生活

サイフォンの欠点はめんどくさいこと!メリットと比較して検討しよう

2021年5月13日

サイフォンの欠点はめんどくさいこと!メリットと比較して検討しよう
ママ
サイフォンでコーヒーを作るのってめんどくさくないの?

といった疑問をお持ちの方に。

サイフォンの欠点は間違いなくめんどくさいところ。

らいおん
サイフォンを好むライオンですが、 こういったポイントが面倒くさいと思います。

サイフォンのめんどくさいところ!!

  • 器具を揃えるのがめんどくさい
  • 作る手順が多くてめんどくさい(時間がかかる)
  • 器具のお手入れがめんどくさい

この記事では、 紹介しためんどくさいポイントや、 それでもサイフォンを使用する理由などを簡単にまとめてみました。

器具を揃えるのがめんどくさい

器具を揃えるのがめんどくさい

サイフォンは、そもそも器具を揃えるのが面倒くさいです。

らいおん
基本的に使う場合は、これだけの器具が必要になります。

必要な器具

  • ロート
  • フラスコ
  • アルコールランプ(もしくはビームヒーター)
  • 濾過器
  • メジャースプーン
  • 布フィルター
  • 竹べら
  • アルコール詰め替え
  • フィルターの替え

ロート~メジャースプーンあたりはセットで購入できるケースが多いです。(HARIOのサイフォンは揃っていました)

ただ、その他は自前で揃える必要があります。

確かにこれだけの器具を揃えると思うと、ちょっと大変かも。
レビスタ

作る手順が多くてめんどくさい(時間がかかる)

作る手順が多くてめんどくさい(時間がかかる)

最もめんどくさいポイントが、作る手順。

ドリップで作る場合は、マグカップにドリップをセットしてお湯を注ぐだけ。(実際はもう少し細かいと思いますが。)

それと比べると、サイフォンで作る場合は以下のような工程を踏むことになります。

step
1
フラスコに水を入れる

step
2
アルコールランプをセット

ビームヒーターでもOK

step
3
布フィルターをセットした濾過器をロートにセット

step
4
ロートをフラスコにセット

step
5
ロートに中挽き程度のコーヒー豆を入れる

step
6
沸騰したお湯が上がってくるのを待つ

step
7
お湯が上がってきたら竹ベラで混ぜる

step
8
しばらく待つ

step
9
火を止める

step
10
再度竹ベラで混ぜる

step
11
沸騰が止まりフラスコにコーヒーが注がれれば完成

といった感じになります。

いや、読んでるだけでめんどくさいんですけど(笑)
レビスタ

作り方はいろいろなパターンがあると思いますが、おおよそはこういった感じの手順を踏む必要があります。

らいおん
急いでも5分以上はかかると思うので、早く飲みたい人には不向きですね。

器具のお手入れがめんどくさい

器具のお手入れがめんどくさい

最後に、器具のお手入れがめんどくさいのも、サイフォンの欠点の一つだと思います。

サイフォンを使い終わった後は、ロートやフラスコ、布フィルターの手洗いが必要です。

結構大量のコーヒー粉がでるんだよね。。
レビスタ

またアルコールランプを使用する場合は、詰め替え用のアルコールを補充する必要もあります。

らいおん
布フィルターも、タイミングを見て取り替える必要もあります。

慣れてくるとそれほど大変だとは思いませんが、最初のうちはこう言ったポイントも敬遠する理由になるかと思います。

ではなぜサイフォンを使うのか

ではなぜサイフォンをあえて使うのか

これだけめんどくさいにも関わらず、何故サイフォンを使う必要があるのか。

いろいろな理由があると思いますが、主にこんな理由で使う人が多いのではないでしょうか。

こんなメリットがあるよ

  • 初心者でも美味しくコーヒーを入れることができる
  • おしゃれにコーヒーを入れることができる
  • コーヒーを作る工程自体に癒される

特にサイフォンは、ドリップで入れる時と比べて美味しく入れるコツが少なくて済みます。

らいおん
タイミングを見て、竹べらで回すだけ。

自動で豆から抽出してくれるコーヒーメーカーであれば、もちろん美味しく作ることはできます。

ですが、そういった機械と比べると安く手に入れることができますし、音も静かです。

らいおん
ものによっては騒音レベルになるので、朝一に美味しいコーヒーを作ることは難しいんですよ。
特にアパートなどでは使用しずらいよね。
レビスタ

また、サイフォンが自宅にあるだけで部屋がおしゃれに感じる人もいると思います。

ましてや、あまりコーヒーに詳しくない人からすると、 サイフォンでコーヒーを入れているだけで「この人こだわってるんだな」 と思ってもらえるのではないかと(笑)

らいおん
僕はカフェで見たおしゃれさに惹かれて挑戦しました。
そこは味って言っとけよ(笑)
レビスタ

そして、手順は複雑ですがサイフォンで作ることに慣れてくると、意外と癒しの時間になります。

お湯が上がる光景を眺めたり・・

落ち着いた気持ちで竹べらを回したり・・

コーヒーがフラスコ下がってくるのを眺めたり・・

カフェでサイフォンが設置してあると、 なんとなく癒される人であればこの気持ちはわかるはず。

らいおん
人によっては、もっといろいろなメリットがあると思います。

色々と面倒くさいサイフォンですが、コーヒーが好きな人にはぜひ一度使って欲しいなあと思います。

では。

-生活

© 2021 MONO-MATO Powered by AFFINGER5